仮想通貨(暗号通貨)ってなに?ビットコインの簡単な解説をするよ!!

 

仮想通貨?何それ?

どうも@Kensurf01です。
最近流行りの仮想通貨
流行りと言ってもまだ一部の界隈だけで盛り上がっている状況なので
今日は仮想通貨について簡単に解説していきます。
まず仮想通貨という呼び名が一般に流通しているのですが
正しい意味的には「暗号通貨」になります。
Web状の取引記録などを暗号化し、実質改ざん不可能なシステムを構築することで
そこに信用がうまれ、そのデータを通貨としての交換手段としようというのが
暗号通貨の簡単な説明になります。
大分簡潔に説明してますのでもっと突っ込んだ内容があるんですが
初心者の方にわかりやすいように今回は説明していきます。
暗号通貨、英語ではCrypto(暗号)currency(通貨)と呼ばれています。

暗号通貨の王様ビットコインとは?

暗号通貨の代表的なものはやはりビットコインですね。

images

ビットコインは暗号通貨にあまり馴染みのない方も
名前ぐらいはご存知ではないでしょうか?
ビットコインとは2008年にサトシ・ナカモトと名乗る人物がWeb上で発表した論文
『Bit Coin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System』
(ビットコイン:P2P 電子マネーシステム)
に端を発し、この考え方に賛同した多くのエンジニアやプログラマーの有志により
プログラミングが行われ、2009年に初めてビットコインが発行されました。
当初はこの構想が実際に運用され機能するのかどうかの
実験としてはじまった試みであり
運用上の問題点がおこるかどうかなども含めたテストスタートでした。
論文のタイトルにあるPeer-to-Peer(P2P)システムとは
どこか一つの機関に管理・監視を任せるのではなく
世界中にちらばったPC相互間による管理・監視のもとBit Coinの取引が承認・検閲され
ネットワーク全体で取引の管理をしていこうというシステムのことです。
従来の法定通貨では国という管理者がいますが
ビットコイン等の暗号通貨にはこういった中央集権的な性格をもつ管理者がいません。
ブロックチェーンというシステムの下、ビットコインの動向を見守る全員が
ネットワーク上で取引の監視・管理をしていきましょうという構造になっています。

blockchain01-9839

ブロックチェーンってなに?

暗号通貨のまさに鍵となるシステム、ブロックチェーンシステムについてですが
これは分散型台帳と言って、数百から数千のビットコインの取引記録をまとめた
ブロックをみんなで手分けして承認し、一本のチェーンのかたちで共有しています。
ビットコインの1つ1つの取引はトランザクションと呼ばれ
「AさんからBさんに◯ビットコイン移動した」というかたちで記録されます。
ビットコインの取引は世界中で24時間365日行われています。
取引は全てオープンになっているので下記リンクを見ると
最新の取引記録がリアルタイムで更新されていくのがわかります。
Blockchain info.
ビットコインの取引はお互いに承認しあって初めて成立するので
送金した最初の時点では取引は「未承認」の状態です。
まだ確認がなされていない状態。
そこでビットコインではこういった未承認のトランザクションを
10分ごとに1つのブロックにまとめ、それを一括して承認する仕組みにしています。
新しく承認されたブロックはすでに承認済みのブロックの最後尾に追加されます。
ここで取引成立となるわけですね。承認が終わるまでは取引が完了しないので
ビットコインの送金指示から着金まで時間がかかるのは
承認待ちの列に並んでいるからなんです。
すでに承認されたブロックを後から入れ替えることはできません
すべての取引がビットコイン誕生から厳重に管理されているからこそ
そこに通貨としての信用が担保され、価値が生まれるわけです。

誰がビットコインの承認作業を請け負っているのか?

個々の取引はハッシュ関数という特殊な関数によって暗号化されています。
これを解くノンス値という”鍵”の数値を見つけ出すことで未承認の取引が承認され
ブロックの最後尾に追加されます。
この数値を見つけ出し、鍵となるノンス値を見つけ出すことで
システムから報酬としてビットコインが支払われるようになっています。
この作業をマイニングといい
10分ごとに新たな未承認ブロックのマイニングレースが始まります。
これを世界で一番早く解いたものにだけその承認作業の報酬として
ビットコインが支払われる仕組みです。
現在は1回のマイニングレースに勝利すると12.5BTCを受け取れます。
現在レートだと(H30.3/31)約75万円程度なので
12.5×75万円で937.5万円が報酬となります。
この報酬を得るために世界中のマイナー(採掘者)が
われ先にと承認レースに参加しているわけです。
ビットコインの運用開始当初は個人のPCでもマイニングが可能だったんですが
今では相当巨大な規模で設備を作ってマイニングしないとレースに勝つことが難しくなりました。
マイニング事業を専門に行っている組織も多く、ボクも出資している事業があります。
BitClub Network(ビットクラブネットワーク)という組織です。

概要はこちらを見てください。
BitClubとは?仕組みと収益について
興味がある方はメッセージ・コメントいただければ詳細をお教えします。

ビットコインは金と同じ!?

ビットコインには発行枚数に2100万枚という上限が設けられていて
これは2141年にビットコインが掘り尽くされることを意味しています。
そして4年に1度のオリンピックイヤーにマイニングに支払われる報酬が半減する
という仕組みを採用しており、発行枚数に上限があるから価値があることに加え
時が経つにつれ採掘による入手も困難になってくるという性格が金(Gold)に似ています。
現在は10分あたり12.5BTCが発行され1時間で75BTC、1日あたり1800BTC
1か月で5万4000BTCが発行されていることになります。
これが2020年のオリンピックイヤーに半減期が訪れ
10分あたり6.25BTCの発行スピードに減速するということです。
順調にビットコインを含む仮想通貨の需要が上がってくれば
希少価値の上昇と比例してさらに価格が上昇するものと考えられます。

マウントゴックス事件とは?

ビットコインをあまり知らない人の中にもこの事件のことをご存知の方は多いと思います。
この事件は2014年2月に東京・渋谷に拠点を置いていた当時世界最大級のビットコイン取引所
「マウントゴックス」が経営破綻し、経営者が逮捕されました。

この事件によって「ビットコインってやっぱり怪しいじゃん」
「なんか逮捕されてたし」というイメージだけが先行し
よく知らない人はビットコイン自体に欠陥があったように認識してしまったのですが
この事件は取引所そのものの管理システムがしっかりと整っていなかったことと
預かっていたビットコインを社長が勝手に使ってしまったのではないか?
という疑いがあることです。
ビットコインやブロックチェーンシステムに問題があるわけではないので
この事件後も正しい認識を持つ人達の間で
ビットコインは取引を継続されて生き残ってきました。
現在日本では仮想通貨に関する法整備も進められ
世界を見渡しても最先端の取り組みをしていると言えます。
この背後にはアベノミクスの成長戦略が頭打ちになってきた今後の経済戦略を
仮想通貨を用いたフィンテック技術を世界に先駆けて導入することで
国としてのイニシアチブを取りたいという狙いがあります。

ビットコイン以外にはどんな仮想通貨があるの?

先述したように仮想通貨はビットコインだけではなく
規模の小さいものなども含めるとゆうに1000種類以上はあります。
95%は詐欺だという人もいるほどの世界なので
一概にどこまでが有望な仮想通貨なのかということは言えませんが
日本の取引所で扱っているものだけでも20種類程度はあります。
その中でも代表的なものを紹介します。

イーサリアム(Ethereum/ETH)

o0929051813906679434

ブロックチェーンを新たな分野に活用していこうというプロジェクト
「イーサリアム」によって生まれた仮想通貨、現在ビットコインに次ぐ時価総額を有しており
今後の成長が大きく期待されている通貨です。
スマートコントラクトと呼ばれる「契約の自動化」を目的とするプログラムが特徴。

Ripple社のXRP

17C36D42-9C10-4FE0-BFE9-F09502CF9BA5

アメリカのフィンテックベンチャー企業、Ripple社の仮想通貨XRP
こちらもイーサリアムに次ぐ時価総額を有しており
最大の特徴は銀行間の国際送金におけるブリッジ通貨としての役割。
XRPを使えば現在の銀行間のシステムより格段に早く
そして手数料も安く送金を行うことが可能になります。
日本ではSBIホールディングスや東京三菱UFJなどとも提携をしており
今後の世界における金融事業の一躍を担うことを目的とし
リップラーと呼ばれるファンもいるほど人気・期待感のある通貨です。
Wikipedia Ripple(支払いシステム)
仮想通貨はもちろん上記に書いたものだけではなく
日本の大手仮想通貨取引所コインチェックだと現在13種類の通貨が取引できます。
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck
登録も簡単にできますので、一度最小単位からでも気になる通貨を購入してみたら
仮想通貨をより深く知りたいと思えますし、情報を得ることが楽しくなってきますよ!
それでは今回はこの辺でしつれいします。
ランキング参加中!ポチッと押してください。励みになります!

ビットコイン取引日本一!

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

国内でビットコイン買うならZaifがオススメ!

早くコインを購入したい方はコインチェックもおすすめ

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

お勧めの海外取引所Binance

BINANCE

ビットコインのマイニングをするならBitClub Network!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA