仮想通貨の税金に対しての議論が始まる!藤巻健史議員の質問に麻生財務大臣は前向きなコメント!

 

仮想通貨税制に対する議論始まる

どうも@Kensurf01です。
日本維新の会所属の藤巻健史議員が財政金融委員会で
仮想通貨の税制について質問したようです。

「ブロックチェーンの技術に対して税制が遅れており、取引は申告分離課税に
仮想通貨同士の交換は非課税にするべきだ」と主張しました。

FXは株式投資の利益は申告分離課税になっていて税率は20%
比べて、仮想通貨取引は総合分離課税扱いなので
最高で55%の税率がかかっちゃいます。

こうなると積極的な投資が減っちゃって
技術の発展も市場の拡大も阻害しますよねー。

主税局長の回答

主税局長側の回答としては、「FXや株式と仮想通貨を同列に論じるのは難しい」と発言
「もし仮想通貨を為替や株式と同類に法的規則を作るなら、投資家の保護規制が必要で
なおかつそれを国が支援する必要がある」との認識を示しました。

「国の政策として仮想通貨を推していくならできるんじゃねぇの?」
っ的な回答ですね。

しかしながら、仮想通貨同士の交換が幾度も行われた取引に税計算を用いることは
いささか無理があることも認め、実態把握の後
必要な検討をしていきたいと述べました。

麻生大臣は仮想通貨税制見直し派

一連の議論を見た麻生財務大臣は
「ブロックチェーンは育て得る大きな技術になり
将来の日本にとって可能性があるもので中国のように締めるつもりはない」とした上で

「申告分離課税の方が把握しやすいのは確かだ」と
どちらかといえば改正に前向きとも取れる発言をしています。

今回のまとめ

議論はこれから白熱していくと思うのでこれからが見ものですね。

僕の意見としては申告分離課税で20%が絶対いいと思いますねー。

あんまり厳しくしすぎると本当に海外に金持ちが逃げちゃうよ。

で、投資家を保護するような政策を打った国に
みんな流れ込んでしまうことになるかも。

「官僚さんももっとシンプルに考えて動きなさいや!よろしく!」

ではでは、また!!

関連記事はこちら!

藤本誠之氏の仮想通貨塾は初心者や伸び悩む中堅投資家にオススメ!

2018年5月29日

SBIがRipple(リップル)社と提携した送金アプリ”Money Tap”を発表!国内銀行3社から運用開始

2018年3月20日

国税庁から仮装通貨に対する課税の情報が出ました!

2017年12月1日

ランキング参加中!ポチッと押してください。励みになります!

ビットコイン取引日本一!

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

国内でビットコイン買うならZaifがオススメ!

早くコインを購入したい方はコインチェックもおすすめ

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

お勧めの海外取引所Binance

BINANCE

ビットコインのマイニングをするならBitClub Network!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA