サービス価格設定方法の必殺!「松竹梅」の3種類メニューをつくろう!

どうもケンサーフ(@Kensruf01)です。

事業を行っていると自分のサービス・商品のプライシング(値段設定)に迷ってしまうことってありますよね?

この価格で売りたいんだけど、実際どうなんだろう・・・?」みたいな時ってあると思うんですが、結論からいうと”売りたい価格で販売していい”んです。

というか、それ以上の価格設定をすることも十分可能です。

商品・サービスの価格設定をする時に、「松・竹・梅」の3種類のグレードを作ってしまえば、ミドルプライスに置いている商品が一番選ばれやすくなります。

今回は、あなたのサービスの価格設定をより簡単なものにして、得たい利益を得るための方法をお伝えしていきますね。

価格設定は「松・竹・梅」の3つのメニューをつくりましょう。

価格設定は、1つだけのサービスに対してああでもない、こうでもないとするよりは、メインで販売したい商品・サービスを軸に3つのメニューをつくると真ん中の「竹」が売れやすくなります。

例えば、女性向けのフェイシャルエステサービスを売りたい以下のケースがあった場合を仮定します。

今回は、真ん中の価格帯である¥24,0003ヶ月定期コース(竹)をメイン販売したいと考えてください。

でも、「3ヶ月はちょっと敷居が高いから、1ヶ月のコースはないかしら・・・」と言った需要もあるワケなので、梅の1ヶ月コースも用意します。

この場合は、1回単価を少し上げる感じで、1ヶ月体験コース ¥10,000-(梅)に設定します。

ただし、「美容効果というのは、継続した方がより効果が実感できて、根本的な解決につながるため、1ヶ月で終わるよりは3ヶ月続けた方が良いですよ」などと、続けることで得られるメリットもしっかり説明できるようにして、できるだけハイクラスのコースを購入してもらう営業力も大切です。

あくまでもメイン商品は「」ですからね。

さらに、人によっては、「より高額なサービスを買って、自己重要感を満たしたい」という欲求や、「高い値段の方が信頼できる」という心理効果もあるため、ハイエンドのサービスである「松コース」も設定しておくことが有効になってきます。

6ヶ月定期コース¥45,000-(松)などに設定することで、一番売りたいのは「竹コース」であっても、一定の割合で「松コース」が売れていくようになります。

もちろん、満足していただけるサービスを提供するのが前提ですよ。

1回単価を少しづつ変えて差をつけるのは必須

上記のサービスでは、月のエステ回数(2回)は同じでしたよね。

そう言った場合は、長期でサービスを購入してもらった方が、料金的にお得になるような仕組みをつくるようにしましょう。

基本的なことですが、料金が変わらないのであれば、1ヶ月プランを都度頼めば良いだけになってしまいますからね。

もしくは、同じ1回単価で設定するのであれば、付加サービスを提供するのも有効です。

松コース」の場合、”使用するクレンジングオイルやマッサージクリームなどのグレードが上がる“と言ったことや、施術時間を長くするなどして”価値を足していく“ワケです。

今回のエステサービスの例だと

  • 梅コース 全2回、1回単価 ¥5,000 
  • 竹コース 全6回 1回単価 ¥4,000
  • 松コース 全12回 1回単価 ¥3,750

となっています。

ここを単価の割引ではなく、サービス内容のボリュームアップで対応するかどうかは、アンケートを取ったり、提供地域のニーズをリサーチするなどして、よりウケるポイントを探っていくのが良いでしょう。

今回のまとめ

どのようなサービスであってもこの「松竹梅のプライシング」を応用することができます。

お菓子のバターサンドの場合なども、10個入りパッケージが「」で、6個入りが「」、16個入りが「」といった具合に当てはめて販売ができるワケです。

この場合は、1個あたりの原価を大きく変える必要はないですが、”絶妙なお得感“を演出すると、売り上げに大きく差が出たりしますよ。

細部まで考えてから商品をリリースして、さらにそこからユーザーの声を聞きながら改良していく、というプロセスもとても大事なので、ぬかりなく進めていただければ。

「売りたい価格にあと一歩自信が持てなくて悩んでいる・・・。」という方は、強気の価格設定をするためにこの「松竹梅のプライシング」を試してみてください。

それでは、また。

 

起業・副業を成功させたい方へ

当サイト管理人のケンサーフは、起業・副業のコンサルティングを行っています。

特に、地方でWEBを活用する戦略に関しては自信があります。

戦略を一緒に考えて欲しい、ブログ運営のアドバイスをして欲しい、自社のWEBサイトを作って運用したい、営業のステップを教えて欲しいなど、相談したいことがあれば、LINEやTwitterからメッセージしてください。

あなたの事業成長のきっかけを作りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

∞CREATE代表/「人の役に立つ生き方をしよう。」 /宮崎に移住したパパサーファー/ブログ3年目/Webプロデューサー/マーケター/セールスライター//Showtalkディレクター/起業家コミュSEO担当/ホームページ制作事業やってます/好きな食べ物は炭火焼とビールです。お仕事依頼はバナーをクリック