club houseってSNSが超話題!音声版Twitter?調べてみた

どうもKensurf01です。

何やらClubhouseというSNSがめちゃ話題になってるので、「何なんだ?」と思って調べてみました。

音声版Twitterとも言われていて、現在は完全招待制のクローズドなSNSとして気になる人が続出しているようです。

本記事では、Clubhouseの特徴、現在の動向などをまとめてみました。

Clubhouseとは?どんなアプリ?

Clubhouseは音声版Twitterと言われていて、アプリ内のチャットルームでリアルタイムに音声のやりとりができます。

2020年、アメリカ・サンフランシスコ発のサービスのようですね。

Clubhouseは2020年創業でサンフランシスコに拠点を置く米Alpha Explorationが同年3月に立ち上げたソーシャルサービス。プラットフォーム上に好きなテーマで自分のチャットルームを開設し、世界中の人々と会話できるというコンセプトだ。音声版Twitterとも呼ばれる。200万人以上が訪れたという。

IT media newsより引用

アプリに登録したユーザーは好きなテーマのルームを探して自由に出入りしながら話を聞いたり参加したりできるようです。

発言にはルーム管理者の招待が必要みたいですね。

雑談に使ったり、トークライブに使ったり、講義や情報発信にも使えそうですね。

ルームを作るのは簡単で、「部屋を作成」のボタンをタップして「open,social,closed」の3種類から選んで作成します。

現在はiosのみ対応

すぐに対応するとは思いますが、現在はiOSのみ対応のアプリとなっており、Androidでは使えません。

まぁすぐにAndroidアプリも開発されて使えるようになるでしょうね。

完全招待制だがID登録はできる

アプリを利用するのは、ユーザーに招待される必要があります。

一人のユーザーが招待できるのは2人までという決まりがあるようなので、このルールもClubhouseのプレミアム化を後押ししていますね。

ただ、ユーザーIDの登録自体は招待なしでもできるようなので、欲しい名前があれば登録だけしておくと良いでしょう。

(ボクもKensurfとっておくかな。)

Clubhouseの資金調達

Clubhouseは2020年5月に100億の資金調達を行い、2021年1月にシリーズBラウンドの資金調達を行うと発表しました。

このシリーズBの資金調達が一気に話題を呼び、話題に火がついているようですね。

Clubhouseは分断を助長する?

Clubhouseは現在完全招待制ということもあって、ユーザーになれたことがステータスというような状況にもなっています。

現時点で、これみよがしにSNSで「私、招待されてますよ?」っていうアピールをしている人は、そっち系マインドの人だと認識しておく良い機会でもありますね。

ルーム内でも、招待されないと発言ができないような機能があることから、セレブ感を出すための「公開収録ツール」として使われるかもしれない、という話もあります。

現在はClubhouseへの参加権利がメルカリで出品されたりという状況なんですね。

まぁ、ある程度時期が来れば一般公開になると思うので、別に急いでお金出してやるような物でもないとは思いますよ。

招待制を打ち出すことで話題化を狙って、リリースとともに圧倒的な数のユーザーを引き込みたいという思惑でしょう。

話題作りのうまさはめちゃめちゃ勉強になるので、初期のマーケティングの動きから遡って調べてみたいところですね。

Clubhouseの機能・特徴など

Clubhouseで、できることは以下のような内容のようです。

  • 音声チャットのやりとり
  • 公開範囲の設定(オープン、ソーシャル、クローズ)
  • 聞き手の招待
  • 番組表あり

その他、コメント機能がない、会話内容が記録されないなど、音声チャットのやりとりに特化したアプリになっているようです。

番組表では、どのようなメンバーが参加予定で、話す予定なのかなども分かるので、リアルタイムに参加できるラジオのような気分になりそうですね。

公開範囲を限定すれば、知らない人に後から聞かれるような心配もないので、気楽に利用しやすい環境だといえますね。

Zoomを使うときよりも簡単にアプリで繋がれる点が、オンライン前世の時代によりウケそうな気もしますね。

今回のまとめ

今話題の音声チャットアプリ“Clubhouse”についてまとめました!

今後一般リリースされて広く多くの人に使われるようになると思います。

マーケターは話題化の手法について学べるいい機会ですね。

とりあえず使ってみたいという方も、誰かに招待をお願いするか、のんびり待つかしてClubhouseが楽しめると良いですね。

まぁ、そのうちオープンになりますよ、そのままじゃビジネスにならないのでw

ではまた!

>>>ケンサーフの自己紹介記事

※公式LINEに登録でビジネスのターゲット設定に役立つ”ペルソナ設計ガイドブック”を無料プレゼント中!

公式LINE登録で特典e-bookプレゼント中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

∞CREATE代表/「"アソビゴコロ×マジメ"でビジネスを楽しく。」 /宮崎に移住したパパサーファー/ブログ3年目/Webプロデューサー/マーケター/セールスライター/起業家コミュ"リアライズ"主催/ミッションは地方の起業家を稼がせる事!/好きな食べ物は炭火焼とビールです。お仕事依頼はバナーをクリック