海外トリップに役立つサーフィン英語まとめ!【フレーズ・スラングなど】

日本でも良い波は立つんですが、やっぱり海外のサーフスポットをトリップしたいという思いは、サーファーならきっとあるものですよね!

今回は、海外にサーフトリップに行った時に役立つ英語フレーズを集めてまとめました!

日本人の感覚からすると、メチャメチャ調子にのった感じで喋っても、欧米人からすると普通のテンションということはよくあるので、照れずにドヤ顔でフレーズを使い倒してください!

英語力が上達すれば、サーファーの友達も増えるし、うまいサーファーに色々と質問もできるので、ぜひチャレンジしてくださいね!

よく使われるサーフィン英語・用語集

サーフィンのギアや、波の状況を説明する言葉、技の名称などをまとめました!

WET SUITS(ウエットスーツ)の名称

・SEAGULL(シーガル)
半袖、長ズボンのウエットスーツ

・SPRING(スプリング)
半袖、半ズボンのウエットスーツ

・SEMIDRY SUIT(セミドライスーツ)
長袖、長ズボンのスーツ

*ドライスーツは普通のウエットスーツと異なり防水効果の高いファスナーを使用するなど工夫が施されており、水が入りにくく、真冬に使用する。

・FULL SUIT(フルスーツ)
長袖、長ズボンのスーツ

Surf Board(ボード)

・Plank(プランク)
厚い板のこと、ロングボードのことも呼ぶ。

・Boogie Board(ブギーボード)

ボディーボードの別名

・Deck(デッキ)

サーフボード上部表面のこと

Waves(波)

・Swell(スウェル)
うねり、大型のうねりはGround swellと呼ぶ。

・Tube(チューブ)・Barrel(バレル)

トンネル状になった波。(下の写真のような波)

・Hollow(ホロー)
チューブの空間。

・Soup(スープ)

波が崩れた後にできる白い泡のこと。White water(ホワイトウォーター)とも言う。

・Beach Break(ビーチブレイク)

波がブレイクする地面が砂で形成されているところ。

・Peak(ピーク)

波がもっとも最初にブレイクする高い位置

・Impact Zone(インパクトゾーン)

 波が崩れ出している一番力のある位置

Ocean(海)

・Channel(チャンネル)

潮の流れが強い部分のこと、Current(カレント)ともいう。

・Inside(インサイド)

波待ちの時に岸側に位置する場所

・Tide(タイド)

潮のこと、High tide(満潮)、Low tide(干潮)などという。

・Secret Spot(シークレット)

穴場、秘密のポイント、ローカルのみが知っている大事な場所というニュアンス。

・Outer reef (アウターリーフ)

岸から少し離れたところにあるサンゴ礁のある場所

Condition(コンディション)

・Surf’s up(サーフズ アップ)
波が割れていてサーフィンができる状態

・Humpy(ハンピー)
サーフィンに適した波。

・Air(エアー)
強風が吹き荒れること、エアリーなどともいう。

・A frame(エーフレーム)

レフトにもライトにも行ける波の形のこと。

・Close out(クローズ アウト)
大きな波が一気に崩れること、サーフィンできない状態。

・Massy(マッシー)
穏やかでブレイクしにくい波。

・Mellow(メロウ)
ゆったりとした波。

・Choppy(チョッピー)

波が不規則で、一定ではないコンディションの際に使う用語

・Glassy(グラッシー)

 「グラッシー」とは面ツルのこと。波の面が綺麗で、鏡のような状態を指す.。

・Windy(ウィンディー)
風が強い日

Tachnique(技)

・Dack dive(ダックダイブ)
波の下をくぐり抜けて沖に出る技。

日本ではDolphin thirough(ドルフィン スルー)と言われるが、海外ではDack diveの呼称が主流。

・Three-sixty(スリー・シックスティー)
360度の横回転技、エアーと呼ばれる技の一種。

・Off the rip(オフ ザ リップ)
波のトップでターンして、サイド波の斜面にエントリーする技、リエントリー、リッピングともいう。

・Bottom turn(ボトム ターン)
波のボトム(底面)でターンする技

・Back hand(バックハンド)

波の面に背中を向けてサーフィンをする体勢、Back side(バックサイド)ともいう。

・Slot(スロット)

バレルライドのこと。

Action(行動)

・do surfing(ドゥ サーフィング)
サーフィンをする

・go surfing(ゴー サーフィング)
サーフィンに行く

・Paddle(パドル)
ボードを漕ぐこと

・Wipe out(ワイプ アウト)
ライディング中にボードから落ちること

・Bail out(ベイルアウト)

ワイプアウトの前にサーフボードから飛び降りること

・Interfere(インターフェア)・Jamming(ジャミング)
他のサーファーのライディングを邪魔する行為、Drop in(ドロップイン)とも言われる。

Person(人物)

・Shark bisbuit(シャーク ビスケット)
サーフィンビギナー、サメのエサの意味ですねw

Barney(バーニー)とも言います。

・Grom(グロム)

子供のサーファー

・Surf bum(サーフ ブム)
サーフィン狂

・Shred betty(シュレッド ベティー)
上手な女性サーファー

・Shubee(シュービー)Hodad(ホーダッド)
サーフィン未経験者・陸サーファー(バカにしたニュアンス)

サーフィンで役立つ英語フレーズ

サーフィンで役立つ英語のフレーズを集めました!

読み仮名もつけたので、トリップの際にそれっぽく喋れば多分通じると思います!w

チャレンジしてください。

「How’s the wave?」(ハウズ ザ ウェーブ?)
「波はどう?」とサーファー間でまずはじめに使える会話です。

返答はGood / Badで答えればOK!

「Did you enjoy?」ディジュー エンジョイ?)
「楽しめた?」という質問もよく使えます。

返答はI’ts Fun / Not so good/It was awesome!!など。

「Many people」(メニーピーポー)
人がいっぱいだったよ。

「How big is the waves?」 (ハウビッグ イズザウェイブス?)
波のサイズはどれくらい?
 
 
「I’m so Stoked!! 」(アイムソーストーク!)
やばい!超興奮した!
 
「Have you surfed in Pipeline? 」

パイプラインでサーフィンしたことある? 

「Where do you usually surf? 」(ウェアドゥユー ユージュアリーサーフ?)

いつもどこでサーフィンしてるの? 

「Do you have any wax I can borrow? 」(ドゥユーハブ エニーワックス アイキャンボロウ?)

ワックス貸してもらえないかな?

「Is there a surf shop around here? 」(イズゼア ア サーフショップ アラウンドヒア?)

この近くにサーフショップはありますか?

「Do you know any good spots? 」(ドゥユーノウ エニー グッドスポッツ?)

他に何処かいいポイント知ってる?

「How can I getting out?」 (ハウキャナイ ゲッティングアウッ?)

どうやって沖に出るの?

「Could you tell me a good surfing place to surf?」 (クジューテルミー ア グッドサーフィンプレイス トゥーサーフ?)

サーフィンできる場所を教えてもらえますか?

「Are there any currents I should watch out for?」 (アーゼア エニーカレンツ アイシュッド ウオッチアウトフォー?)

注意するカレントはありますか?

「Any sharks around here?」 (エニーシャークス アラウンドヒア?)

ここにサメはでますか? 

「Is this place safe for beginners?」 (イズディスプレイス セーフ フォービギナーズ? )

このポイントは初心者でも大丈夫ですか?

「How are the locals there?」 (ハウアーザローカルズゼア?)

そこのローカルはどんな感じですか?

「He is ripping 」(ヒーイズリッピング)

彼はサーフィンがうまいよ。

「Set is coming! 」(セットイズカミング!)

セットが来たぞー!

「How often do you surf?」 (ハウオフン ドゥユーサーフ?)

よくサーフィンするの?

今回のまとめ

「海外トリップに役立つサーフィン英語まとめ」いかがでしたか?

中級者・上級者だけでなく、サーフィンをこれからはじめる人やはじめたばかりの人も、サーフィン用語を覚えることで、サーファーの会話の意味がスムーズに分かるようになります。

海外トリップでいい波を当てたり、グローバルなサーファー友達を作るためにも、ぜひ英語力を高めて、サーフィンをより楽しんでくださいね!

他にもサーフィンの関連記事があるので、ぜひ読んでみてください!

宮崎移住サーファーのリアルな生活をインタビュー!

【M-ISM】宮崎移住サーファー情報Vol.1!|波について、仕事について

2018年8月28日

けんさーふのサーフィン移住の体験談が読めます。

宮崎サーフィン移住は天国な件

2018年6月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

∞SOZO代表/「人の役に立つ生き方をしよう。」 /宮崎に移住したパパサーファー/ブログ2年目/Webマーケター/セールスライター/コンサルタント/こゆ未来教育研究所講師/Showtalk AD/バカ×オトナSEO担当/店舗・企業向けホームページ制作はじめました。/好きな食べ物は炭火焼とビールです。