マルシェやフリマなどのイベント用タープテント8選!オシャレに出店しよう!

ここ数年でブームになりつつある、マルシェやフリーマーケットなどの野外出店イベント。

はじめて出店してみようという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、マルシェやフリマの出店にオススメのタープテントを10点選びました!

近頃の屋外マーケットイベントはオシャレなお店が多いので、ひけを取らないように、ぜひイケてるテントをチョイスして楽しいイベント出店にしてくださいね!

マルシェにオススメのタープテント8選!

それではここから、出店用にオススメのタープテントを紹介していきます。

きになるものがあればぜひ詳しくチェックしてみてくださいね!

1.イージーアップテント

イージーアップテントは、イベント用ワンタッチテントのパイオニア!!

大人2人が60秒で簡単に設営・収納ができる、ワンタッチ式イベント&アウトドア用テントです。

かなり本格派のテントなので、出店をしっかりやっていきたい方にはとてもおすすめ!

世界で初めてのワンタッチテントを開発したメーカーで、現在では世界ナンバーワンの生産台数を誇っています。

イージーアップテントの特徴はすぐ出せて、すぐしまえて、すごく軽くて、強い!

簡単…天幕を付けたままたためるし、組立て・片付けもラクラク。

軽い…強度と耐久性を確保し、軽量化。他社と比べても断然軽い。

強い…航空機や自動車などの構造材によく使われるアルミ素材を使用

イージーアップはこのようにとても便利なテント!

サイズ別や用途別で幅広くラインナップしています。

世界で最初に開発されたワンタッチテントですので、長年の研究成果で使いやすさは折り紙付きです!

1分で設営できるのはイベント時にはかなり助かるんじゃないでしょうか!

ハイクオリティなテントなので値段は安くはないですが、耐久性もいいしそれだけの価値はあります。

1万円台のテントもあるようなので、一度チェックしてみてください。

参考データ(ビスタシリーズ3.5mの場合)

価格 ¥28,800
サイズ 350cm x 350cm
収納サイズ 21x23x145cm
フレーム材質 スチール・白粉体塗装
重量 15.7kg
付属品 ローラーキャリーバッグ・杭
天幕生地 190デニール
天幕材質 ポリエステル100%
天幕撥水性
天幕防炎 難燃 ※天幕は米国の難燃性基準「CPAI-84」に適合
天幕UVカット率 99%

2.FIELDOOR

フィールドアはカラーバリエーションが豊富なワンタッチテントに定評があります。

耐久性・拡張性のあるワンタッチテントで、安定性に優れたスチールフレームを採用しています。

トップカバー上部のベンチレーションが風を逃がしてくれるので、強風にも強く倒れにくい構造になっています。

耐水加工で水にも強く、高さも変えられるので小さなお子さんのアウトドア遊びにも使えます。

サイドシートやテントポール、ウエイトバッグなどオプショングッズも充実しています。

先に紹介したイージーアップテントがこのワンタッチテントの元祖ですが、フィールドアも独自の打ち出し方で良い製品を提供していますね。

安定のコスパで人気のアイテムと言えますね。

参考データ(3m角タイプの場合)

  • 価格:¥12,500
  • サイズ 組立時 : (約)3.0m×3.0m×1.76m / 2.48m / 2.56m 収納時 : (約)22cm×22cm×114cm
  • 本体重量 (約)14kg
  • 材質 フレーム : スチール 生地 : ポリエステル
  • 耐水圧 2,000mm以上
  • 付属品 ・ロープ ・ペグ ・専用サイドシート(2枚) ・専用収納ケース ・取扱説明書(日本語・英語)

3.エンドレスベース

エンドレスベースもサイドシート付きのタープテントです。

トップにエアーベンチレーション付きで風に強く、高いUVカット率で日差しが強い日も安心。

設営も簡単で初心者も心配いりません。

独自のシルバーコーティングで、太陽の熱を遮断、テント内を涼しくしてくれる効果があります。

耐水性も高いので雨が降っても安心、タープテントの中でも人気のある製品の一つです。

参考データ(3m×3m(サイドシート1枚セット)の場合)

  • 価格:¥7,990
  • 【サイズ】幅300×奥行300×高さ236cm (収納時:幅116×奥行22×高さ22cm) 
  • 【重量】約15.5kg
  • 【素材】フレーム : スチール / 生地 : ポリエステル 
  • 【カラー】グリーン
  • 【付属品】サイドシート1枚、ロープ×6本、ペグ×10本、専用収納ケース
  • 【中国製】

4.コールマン インスタントシェード

アウトドアのビッグネームコールマンのインスタントシェード。

文字通り簡単設営が売りのタープテント。

輸入品が多いようですが、さすがの頑丈さで、耐久性は申し分なさそう。

ベンチレーションも付いていて、機能面でも抜かりがなさそうです。

ただコールマンだけあって、他のタープテントよりかは、少しお値段かかる印象ですね。

入り口高さは少し低め、デザインはアウトドアブランドらしいマットな色合いが基調、カラーは1色のみのようですね。

参考データ(4×4mの場合)

  • 価格:¥29,900
  • サイズ:約396×396×h292 (cm) 収納時サイズ:121×21×21(cm)
  • 重量:約20.2kg
  • 材質:ポリエステル、スチール
  • 原産国:中国

5.BANDOK(バンドック)ワンアクション アルミタープ

バンドックは国産のリーズナブルなアウトドアギアを提供するブランドです。

コスパの良さに定評があります。

ワンアクションアルミタープはテントを立ち上げる際に、中央から上に持ち上げるだけで設立ができる楽チン構造になっています。

アルミ製なので軽量で持ち運びも簡単、写真のタープは250cm角ですが、もう少し小さいサイズもあるので、コーヒーショップとかするだけなら小さいものでもアリかもしれませんね。

参考データ(掲載写真の場合)

  • 価格:¥13,932
  • カラー/ネイビーxベージュ
  • 5~6人用・耐水圧/約800mm
  • サイズ(約)/W250xD250xH250・218・200・191・161・142cm(6段階調節可)
  • 収納時サイズ/(約)99x20x21cm
  • 材 質/ポリエステル・アルミ合金
  • 重 量(約)/7.34kg
  • 組立式・収束式・収納ケース付

6.カンタンタープ

カンタンタープはリーズナブルな価格が特徴の国内生産タープ。

販売数は日本一となり、手頃なワンタッチタープをお求めの方に人気のアイテムです。

このタープもアメリカのワンタッチテントを元に製作され、国内での販売活動に務めました。

高品質低価格な製品が人気を呼び、様々なイベント見かけるようになっています。

名入れができるのも特徴ですね。

参考データ(掲載写真の場合)

  • 価格:¥9,990
  • サイズ(約cm):組立時幅240x奥行き240x高さ215/230 軒下:156/171cm
  • 収納時幅18x奥行き22x高さ130
  • 重量:(約)12kg
  • フレーム:スチール、天幕:ポリエステル
  • 収納ケースx1、ロープ4本、ペグ8本

7.Moon Lence タープ

Moon Lenceの2本ポールで設営するタイプも持ち運びやすいので良いと思います。

ただし、ポールは別売りなので、注意してくださいね。(別売りアジャスターポール-¥1,280程度)

価格は安いので買いやすいと思います。

イベント出店にも十分対応できるし、周囲にロープを張れる場所があれば問題ないですね。

ハンモックやマットとしても使えるようです。

参考データ(掲載写真の場合)

  • 価格:¥3699
  • 【サイズ】 本体 : 288cm×400cm 収納時 : 38cm×25cm×5cm 重量 1.1kg 材質:210D ポリエステル
  • 【セット内容 】タープ*1 ・ペグ*4 ・ロープ×6 ・専用キャリーバッグ×1
  • 【防水】210Dポリエステルの通気性生地、PU2000MMの防水加工。
  • 【ライフタイム保証】購入日より正常な使用状態で、万一不具合が生じたら、商品到着から30日以内の返品・交換可能。1ヶ月以上の場合は、お客様都合での返品・返金・修理も可能。

8.SOUTH FIELD タープテント

SOUTH FIELDもリーズナブルな価格設定で初心者から手を出しやすいアウトドアブランドですね。

簡易的な素材のようですが、ちょっとした雑貨や、フードを出すくらいなら十分対応できるんじゃないでしょうか。

大きいサイズもあるので、自分の都合にあった大きさのものをチョイスしましょうね。

比較的価格は安いので、マルシェデビューには良いんじゃないかと思います。

参考データ(掲載写真の場合)

  • 価格:¥8422
  • 材質: フライ/150Dポリエステル・耐水圧約800mm・シーム加工・PU防水加工・UV加工・撥水加工
  • 収納袋/ポリエステル
  • テントポール/スチール
  • サイズ:約300×300×245・255(高さ)cm
  • 収納サイズ:約120×20×20cm
  • 重量:約16.5kg
  • 付属品:ペグ、引き縄
  • 生産国: バングラディシュ

今回のまとめ

マルシェやイベント出店用のおすすめタープテントを8種類ご紹介しました!

各ブランド、プロダクトによって特徴が違うので、自分のニーズに合ったものを選んで快適に使ってくださいね!

それぞれ利用目的は細かく違うと思いますが、丈夫なものを買っておくのも、アウトドアの鍵と言えるポイントかもしれません。

あなたのマーケット出店が素敵なものになるように応援しています。

関連記事はこちら!

アウトドア・キャンプ用品の高価買取おすすめサービスランキングTOP10!まとめて査定でスッキリ!

2019年2月12日

買うトドアの評判は!?口コミから検証しました!お得な売り方も!

2018年6月15日

テントサイルという空中テントがスゴい!価格は?キャンプに新感覚!!

2018年7月3日

マウンテンシティの口コミ・評判を徹底調査!買取価格は?おすすめの売り方も!

2018年10月25日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA