ウェーブプールが木更津に建設!?オリンピック直前に完成予定

2020年東京オリンピックでサーフィンが初めて競技種目になったことはみなさん知ってはりますか?

へ?知らんかった?

まぁそれはいいんですが、サーフィン競技用のウェーブプールが木更津に建設されるというニュースが入って来ました!

予定では千葉県の一宮市「志田下ポイント」で開催されるはずなんですが、大きな変化が起こりそうな感じです、ウェーブプール建設の内容を見てみましょう!

東京五輪に向けた木更津ウェーブプール建設計画

以下、毎日新聞ニュースからの引用です

サーフィン競技用の人工波施設「ウェーブプール」を建設する計画が木更津市で浮上し、24日、住民説明会が非公開で行われた。開業は2020年の東京五輪の開幕直前を予定。完成すれば本格的なサーフィン競技ができるため、プロサーファーの世界大会などを開催するという。

 関係者によると、有名サーファーが統括する米国企業が昨年3月、日本法人(東京都港区)を設立し、建設事業に着手した。

 建設予定地は、同市笹子の館山自動車道「木更津北インター」の近く。砂を採取した跡地で、東京ドームの約12個分(約57ヘクタール)の広さ。今年3月までに用地買収を終えた。

 ウェーブプールの大きさは長さ580メートル、幅約150メートル。電子制御で人工波を発生する装置を備え、高さ最大約2メートルの波を起こす。

 計画では今年9月に着工し、来年12月の完成を予定。開業は20年1~3月を目指し、市と開発許可をめぐる事前協議をしている。

 住民説明会は、日本法人が主催し、笹子地区の「東清公民館」で開かれた。住民ら約50人が参加した。参加した男性の話では「特に反対する意見は出なかった」という。

 サーフィンは、東京五輪から新種目に加わり、脚光を浴びている。会場は一宮町の釣ケ崎海岸と決まっている。

と言った感じなんですが、ポイントは3つ

まずウェーブプールの完成は2020年1〜3月を予定しているようです。

そして、有名サーファーの日本法人というのは間違い無くケリースレーターの会社ですね。

建設場所に関しては「木更津北インター近く」ということになっています。

会場に決まっている一宮町とも一悶着ありそうな気がしないでもないですが、今後の動きにチェックしたいですね!

昨年3月時点のウェーブプール構想のインタビュー記事があった

こんなのを見つけました

このツイートの中の記事には、ケリースレイターのウェーブプールカンパニーCEOへのインタビューが載っています。

昨年3月時点で、五輪に間に合うように計画を進めていると発言しています。

千葉県一宮での開催判断を尊重しつつ、開催オプションの一つとしてウェーブプールが建設されるのは良いことだと言及していて、冷静にサーフィンのオリンピック開催に関して検討している様子でした。

建設に関しては、大きな反対の声はないようなので、計画が順調に進めばオリンピックでサーフィン初開催のタイミングで日本にウェーブプールができることになります。

サーフィン人気に拍車をかけるために、関係者一同動き回っている感じがしますね!

僕も楽しみだし、応援してます。

また続報が入り次第記事にしますね。

関連記事

宮崎移住はサーフィン天国な件

2018年6月13日

NSA(日本サーフィン連盟)の正会員登録をして会員証が届いたよー!

2018年3月25日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA