日本初の面白いサービスSHARE-BOSS、ボスのシェアってなに?

新しいビジネス・サービスを色々と調べていたら面白いものを見つけました。

その名も「SHARE-BOSS(シェアボス)」

「SHARE-BOSS(シェアボス)」とは大企業やスタートアップで実績を残しているIT系のビジネスリーダーに、「指名」で仕事依頼・相談ができるマッチングサービスです。

なかなか聞かないサービスと思っていたら「日本初」らしいですね!

一般化するのかは未知数ですが、だからこそ伸び代も感じるところがあります。

今回は「SHARE-BOSS」について簡単にまとめ記事を書きましたので、ハイクラスキャリアをお持ちのビジネスパーソンや、実績のあるリーダーに仕事を依頼したいという方はぜひ最後まで読んで見てくださいね。

SHARE-BOSSとは

「SHARE-BOSS」とは業界初、ボスのシェアリングサービスです。

IT系の第一線で活躍するハイクラスな人材を、エージェントを挟まず利用者とダイレクトに繋げてくれます。

驚きなのが

  • 手数料ゼロ
  • 中間マージンゼロ
  • ベストエフォート

というサービス利用料がかからない設定。

理由は「趣味でやっているから」だそうです。

なんかユルイですよねw

仕事の依頼は公式サイトの相談フォームから申し込むようです。

SHARE-BOSSに掲載されているのは事業責任者クラスの厳選されたビジネスリーダーのみ。

顧問サービスや匿名サービスと違い、相談前にキャリアや具体的な実績がわかるので、ミスマッチがないのが強み。

ビジネスマンと企業を直接結びつける「指名制」を導入することでスピーディーにやり取りが可能で、余分なマージンや人件費をカットした仕組みになっています。

どんなBOSS(ボス)がいるの?

SHARE-BOSSに掲載されているBOSSはどんな人がいるのか?

気になると思うので、何人かの方をピックアップして紹介します。

赤堀 信 / 総合コンサルマネージャー、IT業界新規事業責任者出身の起業家

赤堀 信は、株式会社1ttanの代表取締役。総合コンサルのマネージャー、IT業界の新規事業責任者を経験し、業務・ITコンサルティング全般、B2Cの新規事業立ち上げを得意とする。

大学院卒業後、総合コンサルティングファームアビームコンサルティング株式会社に新卒入社。約8年間、総合商社など大企業をクライアントに、業務改革やM&A統合支援などのプロジェクトに従事。

マネージメントを経験後、上場直前の株式会社アカツキへ入社し、新規事業部の立ち上げに参画。ライブエクスペリエンス領域において新規事業を立ち上げ、事業開発、コンテンツ制作などをリードした後、事業部長を務めた。

2018年11月、「新しいワークスタイルを創造・支援する」ことを志し、株式会社1ttanを創業。キャリアに関するメディアやコミュニティ運営のほか、これまでの経験を活かした新規事業やデジタルマーケティングのコンサルティングサービスなどを手掛ける。ーSHARE-BOSSより引用

杉山 全功 / 代表取締役としてザッパラス・enish を牽引した「上場請負人」

1965年生まれ、大阪出身。

現在、日活株式会社、地盤ネットホールディングス株式会社、株式会社自立制御システム研究所の社外取締役を兼任している。また、ベンチャーやスタートアップ企業に対して、顧問として経営や事業戦略に関するアドバイスを行っている他、エンジェルとしての投資も手掛ける。

関西大学在学中の1986年、関西の大学生によって起業されたプロモーション会社として話題となった株式会社リョーマに参加。1989年、株式会社リョーマのメンバーであった玉置真理らと共に株式会社ダイヤルキューネットワークを設立。

株式会社シンフォレスト、ストリーミングメディアコミュニケーションズ株式会社で取締役、株式会社プラクティス(現インデックス・ライツ)取締役副社長などを経て、株式会社ザッパラスの代表取締役へ就任。翌年に東証マザーズ上場、5年後に東証一部上場を実現した。

その後、株式会社symphonie(現株式会社enish)の代表取締役に就任し、翌年に東証マザーズ、2年後の東証一部上場を主導した。-SHARE-BOSSより引用

木下 充弘 / 物流大手「日新」にて中国現地法人社長を歴任したベテラン

木下充弘は総合物流企業 日新 にて上海駐在員事務所の副所長や、中国現地法人の物流総監職として経験を積み、2000年代以降は中国現地法人の社長や役員を歴任した物流と中国法人経営のプロフェッショナル。

39年に及ぶ中国物流業界での経験領域は、個人の引越荷物からホテル・工場設備、家電の部材輸入製品輸出、倉庫DC業務、サプライチェーン・マネジメント関連業務(海上、航空、陸送)まで幅広い。

国際物流を中心として、日中合弁会社3社で会社経営に携わり、収支管理・経営政策には強い。現在は中国国営企業の日本法人、 シノトランス・ジャパンに勤務。

2019年より、個人として中国ビジネスに関するコンサルティングや顧問を開始。-SHARE-BOSSより引用

この他にもたくさんのBOSSが掲載されています。

情報としては他に現在の勤務先と役職、過去の職歴・実績などが掲載されています。

SHARE-BOSS(シェアボス)の利用に向いている人

どんな人がシェアボスの利用に向いているかを簡単に解説します。

大きく分けて2種類の方向けです。

  • 複業で収入をUPさせたいor独立している(考えている)ビジネスリーダー
  • IT系専門人材を探している大企業

この両者をマッチングさせるサービスがSHARE-BOSS(シェアボス)だということです。

収入アップや独立を考えているビジネスリーダーは、エージェントを介さず「指名」で仕事を取ることができるようになります。

高い中間マージンや不透明な商流がないので、高い報酬が得られるのが大きなメリットです。

IT系専門人材を探している企業は、エージェントを介さず「指名」で選ぶことができます。

人材エージェントに高い費用を支払う必要もなく、 実績をみてじっくり発注を決めるから納得の行く人材を選べます。

正社員採用にと比べると圧倒的にスピーディーで、柔軟性があり、業務の見通しも立てやすいですね。

今回のまとめ

IT系専門人材と企業を結ぶマッチングサービスSHARE-BOSS(シェアボス)。

ボスのシェアというのは聞くだけで新しい感じがしますし、何だかビジネスに対してワクワクする気持ちを呼び起こしますね。

懸念点としては、ボクのブログの読者さんに利用対象者がいるのかというところですが、これからもっと一般化するサービスになれば面白いですし、ひょんなことからこの記事を読んでSHARE-BOSS(シェアボス)を利用する方がいれば嬉しいですね。

新しいビジネス、新しい時代、遊び心を忘れず、冒険心を忘れず、創造して行きましょう。

【本を聴く】Amazon audibleの無料体験がオススメ!スマホアプリで快適利用!

2018年12月27日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

∞SOZO代表/「人の役に立つ生き方をしよう。」 /宮崎に移住したパパサーファー/ブログ2年目/Webマーケター/セールスライター/コンサルタント/こゆ未来教育研究所講師/Showtalk AD/バカ×オトナSEO担当/店舗・企業向けホームページ制作はじめました。/好きな食べ物は炭火焼とビールです。