自己紹介(改訂版)

初めまして@けんさーふと申します。

収益ブログを作ろうと思って、ブログ執筆に励んでいます。

ホームページ制作や店舗向けコンサル、その他いろんな事業に関わっていて、楽しくやらせてもらってます。

長いですが、興味ある方はボクのプロフィール書きますので、読んでみてください。

出生から成人まで

お宮参りをした京都の松尾大社

僕が生まれたのは京都の西京極という所で

京都市内の真ん中あたりの割と人が多いところです。

兄と弟がいる次男坊です。

2歳半の時にとなりの滋賀県に引っ越してきて

それ以来、旅に出ていた時期を除くとずーっと滋賀県です。

特別問題なく元気に育ち、幼稚園を卒園し、小学校に入学。

小学校から高校までは野球をしてました。

中学の時バンドブームにのめり込んで、同級生に声をかけてバンドを結成し

文化祭で全校生徒をロックするところまでは行けました。

僕のバンドはハイスタのコピーバンドでした。

51D4JC8CV5L

小3から約10年続けた野球は、最後の夏、キャプテンとしてベンチ入りして県大会準優勝、甲子園まであと一歩のところで散りました。

高3の野球部引退後、僕はラッパーとしてクラブデビューします。

それが2003年ごろのHIPHOP全盛期で

50Cent、JAY-Z、NASとかが超流行ってた時代ですねー。

Collage_Fotor

そっからよくクラブでライブしてたんですが

高校卒業後の進路を考えた時に「どうするかなーっ」てなって

音楽の専門学校・大学進学・etc…って感じだったので

オープンキャンパスとか説明会とか行ったんですが

結局バチッっと決まらずで「うーん・・・」ってなって家の人に相談した結果

「公務員はいいぞっ!」てことになって、消防士を目指すことにしました。

「まぁそのうち受かるやろ」ぐらいの感じで

公務員試験に受かるまでバイトしながら自宅学習することにしました。

居酒屋でバイトしながら勉強して、土日はクラブでライブして

みたいな生活を2年くらい続けて

20歳の夏の公務員試験で受かって、晴れて地元の消防士になりました。

公務員退職から放浪旅人時代

2年半くらい消防士やってたんですが、退職された1期上の先輩(元大手銀行マン)に、海外の話や、銀行員の世界の話、世の中の広さについて熱い話を聞いて、自分の人生をふりかえってみました。

その時に、「今自分がいる場所って本当に望んでいるところなのか?

本当にやりたいことができてるのかな?」って考えた時に「違うな」と思って消防士をやめました。

自分の人生一度きり、やっぱり勝負して生きたい」と思いました。

そこから実家を出て、大阪で一人暮らしをはじめました。

半年ぐらい、有名セレクトショップ「BEAMS」で働いてたこともあります。

めちゃめちゃ忙しかったけど、いい経験でした。

今働いたほうが面白そうだなーくらいに思いますw(務まらんかなw)

しかし、大阪に来たものの、ダラダラと日々を過ごすだけで、しょうもない生活を送るようになってしまいました。

しまいには、うつ病みたいな感じになっちゃったので、一回地元に帰って再起を測ることにしました。(今でこそ笑い話w)

この時は家族に助けてもらって、復活することができました。

感謝しています。

その後、数ヶ月地元でバイトしてたんですが、このままでは何をどうして自分の人生を切り開いていいかわからなかったので、沖縄にリゾートバイトの旅に出ることにしました。

リゾートバイトで日本行脚の旅

この旅が、全国行脚の放浪のきっかけになったんですが、ざっと書くだけでも

沖縄・長野・滋賀・宮古島・ハワイ・北海道・静岡・小笠原諸島・新潟

他にもいろんな土地で住み込みで働きながら放浪してました。

ヒッチハイク行脚なんかもしたなー。

何かその土地にしかない人の感覚とか

非日常が日常の状態がとても楽しかったんですよねー。

この旅をしている時に、宮古島でサーフィンに出会うのですが

それが僕の人生を変えるきっかけになります。

その時はそこまでのこととは思っていなかったのですが・・・

そして、サーフィンに完全にハマる前に、音楽にフォーカスが当たりました。

旅をしながら、小さいギターを買って曲を作ったりしていたので

ちゃんと人前で自分の曲を演奏してみよう!」ってなって

そこから、音楽のための旅が始まって行きました。

ギターを買うお金を稼ぐために、富士山の山小屋に働きに行きました。

その時に今の嫁が登山客として宿泊しにきて出会いました。

(富士山で出会うとか、なかなかロマンチックですよね)

富士山の後も、旅は続き、東京の1000km南にある小笠原諸島に働きに行きました。

ケータ列島という無人島に人力で砂防ダムを造成する仕事をしてたんですが

非常にワイルドな経験をする旅となりました。

その時作った曲が、動画で残ってます。

そのころ、妻と(結婚する前ですが)ワーキングホリデービザを取って

オーストラリアに行こうと計画していたのですが

妻がスノボーで大手術が必要なほどの大怪我をしてしまい計画は白紙になってしまいました。

二の腕にボルトを埋め込む必要があるほどのひどい怪我でした。

今考えても不思議なタイミングで起こった事故でしたね。

自主制作CDリリースを経てパパになる

妻のリハビリもあるので、日本に残ることにして、ボクは地元の滋賀に拠点を置き、ライブ活動を始めました。

でも、すぐにそれだけでは食っていけないので琵琶湖でカヌーやウォーターボールといった

レジャーアクティビティを提供している会社でインストラクターをしてました。

(この時インストラクターとして関西のテレビとかも出演しましたw)

インストラクターの仕事をしながら曲を作って、地元のライブハウスで演奏してました。

ギタリストの友達が紹介してくれたメンバーと3人でバンドを結成し

島村楽器主催のバンドコンテストで滋賀県代表として

関西大会に出場したりもしました。

当時の映像

オーストラリア行きをあきらめ、滋賀県に帰って働き始めてから約半年後

僕たちは一枚のCDを発表することに成功します。

今思えば、これが初めて「起業する」(商品を販売する)ということをした時なのかも。

img004

CDをリリースした後、僕は琵琶湖でのアウトドアスタッフの仕事を終え

ライブで全国をツアーするという挑戦に出ます。

このころに嫁と結婚して籍を入れました。

旅をしてきた各地を回ってライブをしようと沖縄・宮古島・関西圏色々、と回ってみたのですが

いきなりそれだけでは食っていけない状況を悟り、地元の滋賀県で再び働きながら活動をすることにしました。

工場で働きながら活動を続けて、土日はライブツアーに出るという生活になったのですが

1枚目のCDを発表して半年くらい経った頃、妻の妊娠がわかりました。

とてもおめでたいことだと思ったので

僕は音楽をやめて就職を探すことは全く考えずに

音楽で成功してやる!」となってますますギアを上げることにしました。

この時は、「子供が大きくなる前に成功しないと、社会の奴隷になってしまう!」と思っていました。

そこから知り合いづたいでSNSを駆使したりして、全国に活動範囲を広げていきました。

動き回った結果、徐々に音楽での収入が上がり始めました。

おー、これはいけるかもしれないな!」と思いながら活動を続けて

翌年2枚目の自主制作CDを発表しました。

image

その頃には愛しい長男がこの世に誕生してくれていました。

僕は何としても音楽で成功したいと思い

とにかくがむしゃらにギアを上げライブを増やし活動に励みました。

2枚目のCDをリリースして半年ほど経った頃、音楽で得れる収入があって

音楽だけで食っていけそうかどうか、きわどいなー」というラインまで来ていたので

一念発起、その道一本で食っていこうと決断しました。

勤めていた、工場を退職することになったのです。

ミュージシャンとして独立、そして挫折

工場を退職した翌月から、僕はミュージシャンという肩書きの個人事業主

誰かが仕事をくれるわけではないので

自分で動いて仕事を取ってこなくてはなりません。

今まで以上に新しい場所に出向き

突撃訪問でライブの話を決めてスケジュールを立てる日々

とにかくあとはないので前に前に進みまくりました。

「自分の力で音楽で飯を食っていくぞ!」と決めたその月から

収入は多くないですが、食うには困らないお金を

なんとか稼いでこれるようになりました。

地方にライブに行ったら新しい出会いがあり

チヤホヤされてうまい飯も食えるし

好きなことでお金も稼げているかなり恵まれた状況だったと思います。

ただ、毎晩宴会のような状況だったので

酒を飲みすぎてグロッキーになっている日とかも結構ありました。

健康には良くない生活だったと思います。

で、割と早いんですが、そういった生活を始めて3か月後くらいたった頃・・・

正直いって、当時僕は調子に乗っていたと思います。

遠征先にいくと、ちょっとした有名人状態になる時もあって

ライブ活動も順調で、収入も上がってきていて

「毎晩パーティー!」ってな勢いでやってました

ハメを外しまくって、家のことをないがしろにしていた僕は

いよいよ妻に愛想をつかされて

「このままこういう活動を続けるなら別れる!」と言う状況まで行きました。

真剣に考えた結果、1歳になる前の息子の表情を見ていて

あまりに愛おしく、絶対手放したくない最も大切なものだと思えたので

僕は活動に終止符を打つことにしました。

やっぱり、一番大事なものを守り育てていきたいという思いから

もう一度、進む方向を考え直すことにしました。

妻のことを世界一大切にして、みんなで幸せになろうと思いました。

妻と話し合った結果

一度立ち止まってゆっくりと今後を考えようということになりました。

深い瞑想から答えを得て、宮崎へ移住

無職で、何もない状態になった僕は、本を読みあさり

「自分は何の仕事がしたいのか、どうしていきたいのか」をまた探し始めました。

気分は果てしなく長い暗い道を歩き始める修験者のようでした。

で、妻とも色々話し合った結果

あとあと人生を振り返って「あーあれやっときゃよかったなー。」

とかは思いたくないので

僕が一番好きなことができる環境で仕事も遊びも頑張ろうということになりました。

とりあえず僕は今までの人生を振り返りました

なんでうまくいかないんだろう?

なんでいつもあと一歩って感じのところでふりだしに引き戻されちゃうんだろう?

なにがいけないんだ?どこのボタンをかけちがえているんだ?

 

色々考えた結果、一つの結論に辿り着きました。

人生の結果というものは自分が選んだ選択肢の「情熱の量」に比例している

惰性で選べばそれに見合った結果

覚悟してやれば、集中してその結果を出すことができる。

嫌なことを無理やり頑張っていても、嫌なりに頑張った結果しか出ない

しんどいことに耐えて必死で頑張っていたとしてもその法則は変わらない

物事の結果は自分の深層心理で選んだ通りになる。

好きなことに熱中して打ち込んでいる時は、面白いくらいに結果が伸びていく

ただ楽しくて情熱を燃やしているだけなのに

ふーむ・・・・・じゃあ僕は、何がしたいんだろう・・・

・・・

・・・

その時ふと、うつ病の時も、心を解いてくれたスケボーと、旅の途中で出会ったサーフィンの記憶が鮮明に浮かび上がって来ました。」

「あ、そうか!」

サーフィンや!!

じっくり振り返っていろんな思い出に目を凝らしてみると

それまでも僕の中にあった

サーフィン最高!サーフィンすると何よりまして自由になれる!

その感覚と感情がはっきりと浮かび上がってきたのでした。

その時僕の歴史の点と点がはっきり線になりつながって

そうか!やっぱりその時に一番やりたいと思うことをやったらいいんだ!!

過去はしょせん過去!今という瞬間の情熱にはかなわないんだ!

今まで何をやっても、はっきりとしなかった感情が

過去をすべて振り返り清算することで初めて現れてきました。

この感情、真実を手に入れられたということは

遠回りに見えたけど今までやってきたことは間違っていなかったんだ、よっしゃ!

と思って、僕はサーフィンができる環境に身を移すことを決めます。

で、その結果僕は、宮崎に移住してきました。

宮崎は日本でも有数のサーフィンのメッカで

一年中質の良い波がある最高の土地です。

他にも千葉の外房あたりが全国的に有名ですが

波のアベレージを考えると宮崎が一番だと思います。

中途半端に近場に移住するのではなく

今まで溜まっていたエネルギーを全て爆発させるつもりでNO.1の場所へおもむく!

移住と一口に言っても、引っ越し代や家具家電の購入費など

お金のこともありますし準備することはいろいろありました。

宮崎のどの土地がいいのか、賃貸相場はどのくらいか、物価はどうなのか

仕事はあるのか、いきなり開業するようなスキルも資金もないから

最初は勤め人からだなとか

何度も宮崎に足を運び入念に計画をねって来ました。

でも結局最後は「いっせーのーせっ!!」って感じで

覚悟と勢いがあるかどうかだけでしたね。

 

仕事決まってない状態で移住してきたしw

宮崎は子育て環境もバッチリだしやっぱり最高です。

移住の際に思い残しやわだかまりがあるのは良くないと思ったので

サーフィンのメジャーなメディアや大会が集まる千葉の方にも職探しや家探しに足を運んでみました。

でもやっぱり宮崎やな!」と思ったので

思い残しなく、完全に納得して移住先を選択できました。

今までの人生で学んできたことを総収するに、僕にはもうこの道しかないです。

もしこの道が違うのなら、僕には人生の謎は解けないと思います。

今、そしてこれから

宮崎に来てから、造園屋の仕事についてみたのですが、合わなくてすぐにやめてしまいました。

そして、2018年の春頃から、今いるIT企業に勤めているのですが、同じ頃に、東北から宮崎に移住して来たWebマーケティングの師匠に出会いました。

そのあたりの記事

宮崎へ移住して半年が経ちました

2018年5月7日

そこから、サイトアフィリエイトのテクニックや、Webマーケティングのテクニックを教わり、スキルを培って来ました。

おかげさまで、このブログでも収益が出はじめています。

2018年の夏頃には宮崎の日向市で開催されている起業家塾に参加したのですが、そこでも素晴らしい繋がりができて、地方創生事業の最前線に関わらせてもらえるようになりました!

関連記事

日向ドラゴンアカデミーファイナルプレゼンテーションで優秀賞を獲得しました!

2018年10月31日

一番左がボクです(ビジネスプランコンテストで優秀賞いただきました!)

最近は、店舗向けのホームページ制作もはじめて、いろんな新しい事業を手がけています。

小さく始めたばかりですが、自分のビジネスを大きくして完全に独立することを目指して

日々、やるべきことをコツコツやっています。

もちろん海にも入れてます。

今年はNSA(日本サーフィン連盟)検定の4級取得が目標です。

NSA(日本サーフィン連盟)の正会員登録をして会員証が届いたよー!

2018年3月25日

宮崎での仲間も増えてきて、仕事も充実して来て、とても楽しい毎日を送らせていただいてます。

このブログを読んでいるあなたに少しの勇気を

おすそ分けできたらいいなーと思ってます。

移住してから子供達も妻も笑顔が増えて以前に増して幸せそうです。

僕の座右の銘は「今を精一杯幸せに楽しんで生きること!」

このブログもそのために書いてますので、ぜひいっぱい見てもらいたいです。

振り返ってみると「ミュージシャンとして成功してやる!

という思いだけでシャカリキになっていた頃は、自分の気持ち良さを考えるばかりで

どうすればお客さんは気持ちよくなってくれるだろう、楽しんでくれるだろう

ということをとことん考えられてなかったように思います。

それが、これまでボクが大きく成功できなかった理由の一つだなと思いました。

自己紹介はひとまずこの辺で終わります。

長くなりましたが、もしここまであなたが読んでくれたなら

僕はめちゃめちゃ嬉しいです。

よかったら感想とか、コメントとか、メッセージとかいつでも気軽に送ってください。

人生という旅は最高です。

みんなで人生を謳歌していきましょう!!

これからもなにとぞよろしくお願いいたします。

 

その後の関連記事はこちら!

宮崎サーフィン移住は天国な件

2018年6月13日

宮崎で子供プログラミング教室の講師になりました!初授業のまとめ

2019年1月11日

【M-ISM】宮崎移住サーファー情報Vol.1!|波について、仕事について

2018年8月28日

宮崎の未来を作る地域商社「こゆ財団」がアツい!俺!起業します!!

2018年7月28日

宮崎のエンジニア勉強会[てげほげ]に初心者が参加した話!

2018年11月4日

2 件のコメント

  • 今日はお世話になりました^^

    「宮崎来られる前は、何されていたんですか?」に、短時間で答えられる密度じゃなかったですね!笑

    宮崎に誘われてきて、家族やこども、みんなの人生を愛おしく大切に想う気持ち、一緒です♬
    これからも、お互い宮崎で楽しく暮らしましょう♪
    よろしくお願いいたします。

    • コメントありがとうございます!
      こちらこそお世話になりました。

      ありがとうございます!
      良い暮らし、良い社会を作っていくためにボクにお手伝いできることがあればと思っていますので、ぜひまたご相談ください。
      宮崎盛り上げていきましょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    ∞SOZO代表/「人の役に立つ生き方をしよう。」 /宮崎に移住したパパサーファー/ブログ2年目/Webマーケター/セールスライター/コンサルタント/こゆ未来教育研究所講師/Showtalk AD/バカ×オトナSEO担当/店舗・企業向けホームページ制作はじめました。/好きな食べ物は炭火焼とビールです。