【サーフィン世界最高峰】WCTサーファー10選!動画付きで解説!

どうも@Kensurf01です。

サーフィンにおける「WSL・WCT・WQSってなんじゃ?」っていう所をまずは簡単に解説していきます!

WSLにおけるWCTについて

K1pddZ32_400x400
出典:WSL

WSL(World surf league)とはサーフィンのプロツアーを運営する組織で世界最高峰のプロサーフィン連盟です。

前進はASP(Association of Surfing Professionals)で2015年に現在の名称に改称されました。

WCTとは

コンテストに参加するサーファーの中で
世界最高峰の舞台であるワールドツアーこそが「WCT」

2015年シーズンにおいて、メンズでは全11戦
ウイメンズでは全10戦のツアーイベントが
世界各地の波の良いエリアで開催されます。

各イベントでは、コンテスト結果に応じてポイントが与えられ
合計ポイントが最も高いサーファーが、ワールドチャンピオンに輝きます。
全コンテスト結果の中で、最も結果が悪かったワースト2のポイントは除外)

WCTに参加できるサーファーは、メンズが世界のトップ34
(前年のWCTランクのトップ22+WQSランクのトップ10+WSL選出枠2名)

ウイメンズが世界のトップ17
(前年のWCTランクのトップ10+WQSランクのトップ6+WSL選出枠1名)
という狭き門。

ワールドツアーイベントでは、WCTサーファーに加え
ワイルドカード(特別枠)出場がメンズで2名、ウイメンズで1名が出場。

ワイルドカードは、イベントスポンサーの推薦サーファーであったり
ローカルによるトライアルイベントを勝ち上がったサーファーであったりと
イベント毎に異なります。

また、怪我によりイベントを欠場するWCTサーファーがいる場合
WSLが、前年のWCTランクやWQSランクを加味し
リプレイスメントサーファーを選出します。

その結果、各イベントでは、メンズは36名、ウイメンズは18名のサーファーが
出場して開催されます。

出典:World Surf Movies

WQSとは

WCTの二次リーグとも呼ばれるWQS。
コンテストサーフィンの最高峰であるWCT入りの資格を得るには
WQSに参戦し、年間ランキングでメンズはトップ10
ウイメンズはトップ6に入らなければなりません。

ただし、メンズを例に挙げると、一人のWCTサーファーが
WCTトップ22に入り、WQSトップ10にも入った場合
重複してツアー入りの資格を得るのでその場合は
WQSランク11位のサーファーが繰り上げで
WCT入りの資格を得ることになります。

年間ランキングの算定は、各サーファーが出場した
WQSイベントの結果に応じて与えられるポイントの中で
トップ5のポイントを合算したトータルポイントとなります。
ただし、WQSイベントと一口に言っても
イベント毎にグレードが異なります。

メンズの最高グレードはQS10,000イベントで
最低グレードはQS1,000イベント
ウイメンズの最高はQS6,000で最低はQS1,000。
QS後の数字が、優勝者の獲得ポイントとなります。

つまり、イベントのグレードにより獲得ポイントは大きく異なるので
グレードの高いイベントでは、必然的にレベルの高いサーファーが集まります。
ちなみにWCTサーファーも最高グレードのWQSイベントに出場義務があり
メンズは2回(一つは居住国開催のイベント)
ウイメンズは1回(居住国開催のイベント)となります。

特例として、WCTに10年以上在籍しているメンズサーファーの出場義務は1回のみ。

出典:World Surf Movies

といったようなWSLにおけるプロツアーの仕組みなんですが
今回はその中でも最高峰のWCTで2017年10月現在ランキング
MEN’S TOP10にいる選手を10選!ということで
解説・動画付きでお届けしたいと思います!

楽しみながら見てくださいねー!

2017 OCTOBER MEN’S CT SURFER TOP10 !

・Connor O’Leary(コナー・オレアリー)

08

オーストラリア出身のサーファーで、母は元JPSAグランドチャンピオンの柄沢明美。

オーストラリアと日本人のハーフであり
昨年のQSランク1位により今年満を持してCT入り。

今季最高成績はOuterknown Fiji Proの2位。ホームはクロヌラ、23歳。

・ Joel Parkinson(ジョエル・パーキンソン)

41

こちらもオーストラリア出身の大ベテランサーファー
2001年からCT入りし、2012年CTチャンピオンに!

愛称はパーコ、今季最高成績はOuterknown Fiji Proの3位
ホームはナンボーで36歳。

・Gabriel Medina(ガブリエル・メディーナ)

29

ブラジル出身の人気者!2014年のCTチャンピオン。

CTには2011年より参戦。愛称はガブ、今季最高成績はBillabong Pro Tahitiの2位
エアリアルのぶっ飛び具合いに驚嘆の声続出!そしてちょっとBAD BOY
ホームはマレシアス、23歳。

・FilipeToledo(フィリペ・トレド)

キャプチャ

こちらもブラジルのトリックヒーロー!CTには2013年より参戦
2015年は最終ランク4位まで成績をのばす。

今季は第6戦のCorona Open J-Bayと
第8戦のHurley Pro at Trestlesで優勝を果たしている。

ファンキーなエアリアルと小波での自由自在なスタイルが持ち味
ホームはウバツバ、22歳。

・Adriano de Souza(アドリアーノ・デ・スーザ)

39

ブラジル出身のベテランサーファー、2006年よりCT参戦
2015年には悲願のワールドチャンピオンに輝く
苦労人で非常に努力家で知られており、パワフルなのに美しいサーフィンは唯一無二。

今季は第4戦、地元開催のOi Rio Proで優勝、ホームはグアルジャ、29歳。

・Owen Wright(オーウェン・ライト)

34

オーストラリア出身、サーフ界のスーパースター。
妹のタイラー、弟のマイキーもプロサーファーでこの3兄弟はあまりにも有名。

2010年よりCTに参戦し、CT最高位は2011年の3位。
2015年パイプラインでの練習中に頭部損傷する大怪我を負い
2016年はCTを欠場する事態に。

そして復帰を果たした今季第1戦Quiksilver Pro Gold Coastで見事優勝。
大きな感動を与えてくれました。ホームはカルヴラビーチ、26歳。

・Matt Wilkinson(マット・ウィルキンソン)

01

オーストラリア出身、オーウェンライトとは大の仲良し、2010年よりCTに参戦。
2015年シーズンまでは成績が伸び悩んでいたが
元CT選手グレン・ホールをコーチに迎えた
昨年2016シーズンからコンペティターとしての実力が開花

今シーズンも安定した戦績を残しながら第5戦Outerknown Fiji Proで優勝
十分ワールドタイトルを狙えるポジションにつけています。
個人的に好きなサーファー。異常に高い位置に当てるリップが持ち味で
ホームはシドニー、29歳。

・Julian Wilson(ジュリアン・ウィルソン)

16

オーストラリア出身のザ・イケメンサーファー!
2011年よりCTに参戦し、最高位は2013年と2015年の6位
安定した成績を残してきている中、今シーズンは第7戦Billabong Pro Tahitiで優勝
悲願のワールドチャンピオンが射程圏内に!PV超カッコいいですね!

ホームはクーラムビーチ、29歳。ウィルコ(Matt Wilkinson)と同い歳ですねー。

・John John Florence(ジョン・ジョン・フローレンス)

23

ハワイ出身、この男がいなけりゃ始まらない!
現時点でのKing of Surf!ジョンジョン!
いわずとしれたサーフィン界の超スーパースターです。
そのリラックスした風貌とは裏腹に超絶チャージを何食わぬ顔で繰り返し
しかもエアーは空まで飛ぶんちゃうかという高さ!

次の伝説は彼から生まれるでしょう!
2011年よりCTに参戦し昨シーズンにワールドタイトル獲得!
地元ハワイ・ノースショアはお祭り騒ぎでヒーローの優勝パレードが行われました。

今シーズン最高位は第2戦Drug Aware Margaret River Pro優勝!
彼を嫌いな人とかいるのかな?ってぐらい最高のナイスガイです。
ホームはノースショア、25歳。

・Jordy Smith(ジョーディ・スミス)

06

南アフリカ出身、大柄な体格を生かしたパワフルでスムースなサーフィンが持ち味
CTには2008年より参戦、2010年シーズンでは総合2位の結果を残すも
その後は成績に大きな変化がなかったが
昨年再び総合2位でシーズンを終え今季絶好調!

悲願のワールドタートルはもうそこまで来ている。
とてもフレンドリーな性格で妻にも優しいサーフスター。J-BAYは彼の庭!
今シーズンは第3戦のRip Curl Pro Bells Beachで優勝
その他アベレージ高い成績を残しTOPにランクイン。

自国開催のQSイベントBallito Proにも出場し優勝を収める。
ホームはダーバン、29歳。

番外編

・Kanoa Igarashi(カノア五十嵐)

12

さて、もう一人番外編ということでこの選手を紹介しておきます。

彼の両親は日本人なのですが、夫婦でカリフォルニアへ移住し
そこで五十嵐カノアが生まれました。いうなれば西海岸育ちの日本人
幼少期の頃から注目を浴び、名だたるジュニアタイトルを総なめにしてきました。

サーフ界のキングオブキングス、ケリー・スレーターとも親交が深く
実力は彼の折り紙付き!カノアは国籍を選べる立場にあるので
2020年の東京オリンピックへ向けて日本国籍で世界へチャレンジする
という意向も聞かれます。

2016年からCTに参戦、純血の日本人としては史上初であり
多方面からの期待を一身に背負っている注目の若手サーファーです。

今季最高位は第8戦のHurley Pro at Trestlesで5位。
日本人らしさが光る堅実な試合運びと確実性のあるマニューバーが持ち味
ホームはハンティントン、20歳。

All surfer’s photo sourced by WSL

Enjoy your surfin’ life!

関連記事はこちら

ケリースレーターのバレルライドを日本の宮崎でみて感動した件

2019年9月15日

海外トリップに役立つサーフィン英語まとめ!【フレーズ・スラングなど】

2019年5月18日

宮崎サーフィン移住は天国な件

2018年6月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

∞SOZO代表/「人の役に立つ生き方をしよう。」 /宮崎に移住したパパサーファー/ブログ2年目/Webマーケター/セールスライター/コンサルタント/こゆ未来教育研究所講師/Showtalk AD/バカ×オトナSEO担当/店舗・企業向けホームページ制作はじめました。/好きな食べ物は炭火焼とビールです。