プログラミング初心者が副業で月10万円以上稼ぐようになる方法

プログラミング初心者なんだけど、副業で稼ぐ事ができるかな?

会社の給料だけじゃこの先不安だし、収入も増やして生活を楽にしたいんだけど・・・

 

そんな疑問に答えます。

 

この記事を読めば、プログラミング初心者の方が、どういった手順でプログラミングを学び、副業で仕事を受注して稼げるようになるかが分かります。

本記事の内容
・プログラミング初心者が副業で稼ぐにはホームページ制作がおすすめ

・エンジニア戦闘力を上げるならJava Script,PHPも習得しよう

・ホームページを作成できるようになった未来を説明します【イメージ大事】

現在、ボクは週4でIT企業に勤めながら、Web制作案件を個人受注し、最低でも1案件10万円以上を頂いています。

1つの案件が完成するまで1か月かからないので、毎月10万円以上稼ぐことは可能です。

この記事は3分ほどで読み終わります。

3分後には、プログラミング初心者が最短で月10万円稼ぐための方法を知る事ができるでしょう。

プログラミング初心者が副業で稼ぐならホームページ制作から

プログラミング初心者が副業で稼ぐには、まずはホームページ制作が出来るようになりましょう。

もはやネット上に自社のページがない企業というのは、信用力が弱いですし、Webページはあって当たり前の時代です。

そんな状況にあってもまだまだ、ホームページがない企業はありますし、無料の簡素なページだけで、発信力が担保出来ていない企業も多いです。

そのような企業や事業主に対して、Webページ制作できるスキルがあれば、基本料金を高くとられてしまう制作業者よりも小回りが利く個人に強みがあるのです。

まずは1つ実績を作る

企業のWEBページ制作はwordpressなどが主流ですが、カスタムする場合はwordpressサイトであってもHTMLやCSS、PHPなどのコーディングのスキルが必要です。

ただしこれらの言語はとても難しいレベルのものではなく、プログラミング初心者でもしっかりと手を動かして学び、制作を続ければ十分クライアントに喜んでもらえるWEBページが作れます。

また、クラウドワークスや、ランサーズなどのクラウドソーシングサイトでも制作の案件は多く、デモサイトなどを見せて案件を受注すれば、5万円から10万円程度が報酬の案件受注はそこまで難しくありません。

特に、1つ制作実績があると、信頼が増して案件受注しやすくなるので、はじめの1件を受注することに集中すれば、良いサイクルで案件を受注し、収入を上げることが出来るようになるでしょう。

ボクが最初に案件を受注した例

ボクの場合はHTML&CSSを学ぶことからはじめ、ブログ運営なども交えてwordpressの設計・構築・カスタムの技術を身に着けていきました。

はじめの案件は、知人へアプローチしていたことがきっかけなのですが、アパレルショップのオリジナル商品のLP(ランディングページ)の制作依頼をいただき、コピーライティングとページ構築込みで案件を受注することが出来ました。

そこからは、周辺へのアピールを続けていると、アパレルショップのアイテムを知っている事業主さんかの依頼をしてもらえて、スムーズに制作を受注できるようになってきました。

地道な営業も効果的

そうはいっても、ボクのように制作案件を振ってくれる知人や、事業主がいないとという方もいるかもしれません。
しかし、僕の場合もGoogle Mapなどで地域の情報を調べて、WEBページがない業者さんにテレアポするなどして地道に営業活動を続けてきました。

知人が全然いないという方も先ほど紹介したクラウドワークスやランサーズなどで、案件受注に応募していくことでプレゼン力も上がり、仕事を取ることが出来るようになっていくと思います。

プログラミング初心者が最短で副業収入を稼げるようになるにはやはりホームページ制作が断然おすすめです。

エンジニア戦闘力を上げるならJava Script,PHPも習得しよう

マークアップ言語といわれるHTMLとCSSの知識だけでも、wordpressであれば何とか形にすることはできますが、より細かい部分までカスタムしてオリジナリティを出すならJava scriptやPHPも扱えるようになった方が良いです。

細かなカスタマイズを請け負えるようになれば、他社との差別化が出来ますし、自分の自信にもつながり、プレゼンの説得力強化になります。

プログラミングの基本を身に着けることが出来れば、Webページ制作で使用するJava scriptやPHPの技術はそれほどハイレベルではないので、学習を進めれば扱えるようになります。

技術力をコツコツとアップデートし続けることで、個人事業主としても生き抜いていくサバイブ力が身についていきます。

ホームページを作成できるようになった未来を説明

HTML,CSS,wordpress,Java scriptなど一通りWeb制作に関するスキルが身についたら早速案件を受注しましょう。

最初の案件を受ける前は「本当に自分が制作を受注して、報酬を受け取る仕事ができるのだろうか。」なんてことを考えたりしがちですが、この先の技術向上は本番でしか磨かれないと考えてください。

まず1つ、やりきる覚悟を決めて案件を受注し、Webページを完成させましょう。

分からないことは今の時代Googleで調べればほとんどの事が分かるようになっていますし、技術書を買って分からない所を調べれば進めていけます。

というか、バリバリ案件を受注しているエンジニアも自分で調べながらシステム開発をしているのです。

知らないことがいけないのではありません、分からなくても調べて完成させ納品すれそれはちゃんとした価値のあるサービスです。

先ほど書いたように、知り合いづてで案件を受注できる環境があれば理想ですが、そうでなくてもクラウドソーシングサイトや電話営業などを行って新規開拓をして行けば必ず扉は開きます。

プログラミングの扉を開いて、副業で余裕の持てる収入が得られるように学びを始めてみてください。

プログラミングスクールの無料体験で学ぶのもおすすめ

いきなり自分で独学を始めるよりは誰かにプログラミングを教えてもらった方が上達が早いのは間違いないです。

プログラミングはどのようなものなのかを体験するためにもプログラミングスクールの無料体験を試しに受けてみるのはスマートな選択だと思いますよ。

オススメのプログラミングスクール無料体験

1.オンラインプログラミングNo.1のCodeCamp (現役エンジニアの個別指導が人気)

2.初めてプログラミングを学ぶなら「tech boostオンライン」 (細かなサポートに定評あり)

3.【TECH::CAMP(エンジニアスクール)】 (オンライン・オフラインどちらでも対応)

今回のまとめ

プログラミング初心者が副業で月10万円稼ぐ方法まとめでした。

この記事に書いたことを実践すれば、確実に案件は取れるようになるので、まずは一歩をふみだして、プログラミングに触れる、コードを書くことを始めてみてください。

自分の技術で稼げるようになれば会社への依存度が減り、生活の自由、心の余裕が広がってきます。

あなたもプログラミングを覚えて新しい稼ぎ方にトライしてみてください。

プログラミングスクールに興味がある方はオススメの教室を比較してまとめた記事があるので、読んでみてください。

プログラミングスクールのおすすめ12選比較!体験利用で自分に合う教室を選ぼう!

2019年2月20日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

∞SOZO代表/「人の役に立つ生き方をしよう。」 /宮崎に移住したパパサーファー/ブログ2年目/Webマーケター/セールスライター/コンサルタント/こゆ未来教育研究所講師/Showtalk AD/バカ×オトナSEO担当/店舗・企業向けホームページ制作はじめました。/好きな食べ物は炭火焼とビールです。