転職・就職支援のあるプログラミングスクールは頼りになる?調べて解説&ランキング!

フリーランスという働き方が一般的になってきて、最近はフリーランスエンジニアを進める声や、エンジニアへの転職が収入アップになるという声が聞かれるようになりましたね。

そこで今回は、「プログラミングスクールに通って転職・就職が本当にできるのか?」また、「エンジニアを目指すに当たってどのような点に注意してプログラミングスクールを選べばいいのか」と言ったことを、経験者の口コミなどを徹底調査してレポートにしました!

「未経験だけどプログラミングを学んでエンジニアになれるか」

「プログラミングスクールの転職・就職支援は本当に頼れる制度なのか」

といった疑問に対する回答がこの記事は書かれています。

プログラミングスクールに通って転職・就職することのメリットも書きました。

プログラミングスクールに通って転職・就職を考えている方はぜひ読むことをオススメします。

プログラミングスクールを卒業すると転職・就職できるのか

プログラミングスクールでコーディングを学び、卒業したらエンジニアとして転職・就職できるのかという点について結論から言うと。

プログラミングスクールを卒業すればエンジニアとして転職・就職することは出来ます。

特に未経験から学びたいと言う方は、最短かつおすすめのルートですね。

エンジニアを目指すのに情報系の専門学校を卒業したり、技術的な資格を取るというやり方は遠回りになります。

一昔前は、プログラミングスクールは数が少なく、技術的なことを学ぶだけの場所でしたが、最近は企業と提携するプログラミングスクールが増えて、転職・就職のサポート体制が整ったプログラミングスクールが増えています。

転職・就職支援が学習サービスとセットになったプログラミングスクールを利用することで最短最速でエンジニアとしてのキャリアをスタートさせることが出来るんですよ。

卒業生の就職先もチェックしておこう!

転職・就職支援制度があるプログラミングスクールは、公式サイトなどで卒業生の転職・就職先を紹介していることがあります。

提携先として繋がりがある場合も考えられるので、プログラミングスクールの就職実績もチェックしておきましょう。

卒業生の転職・就職先に多くの提携がある場合は、希望する業務を行える可能性も高まるので、無視できないポイントです。

転職・就職先で需要がある言語を学びましょう

エンジニアとして転職・就職するといっても、需要のある言語を選ばないと、未経験からすぐに雇ってもらえる場所がない状況に陥るかもしれません。

せっかくお金を払ってプログラミングスクールに通ったけど、学んだ言語の需要が低くて、就職支援制度でもサポートしてもらえないなんてことにならないように、需要の高い言語を選ぶことをオススメします!

「いや!私には開発した分野があるんだ!」というしっかりした目標と意志がある方は、全然その道を突き進んだらいいと思います、ただ、漠然とエンジニアになりたいという思いで動き始めた方は、エンジニアとしての需要について下調べしておきましょう。

Java PHPは需要が多い

現在需要のあるプログラミング言語はJAVAとPHPと言われていて、この2つの言語だけで全ての案件の50%以上を占めると言われています。

ベテランエンジニアがいる業界で、仕事を取っていかなくてはならないわけですから、未経験から飛び込むなら案件が多いJAVAやPHPを学び、エンジニアを目指すのが堅実と思います。

物作りのメーカーではCやC++を使える人材を求める傾向にあるようです。

プログラミングスクールに通う前に、自分がエンジニアとしてどのようなキャリアを実現したいかをある程度ちゃんとイメージしてみることが大切ですよ。

プログラミングスクール経由の転職・就職が未経験者におすすめ

転職エージェントなどで、「未経験者OK!採用後に1から研修を行います。」という求人に応募するよりも、プログラミングスクール経由の転職・就職をした方が良い理由を書いていきます。

ライバルのレベルが低い

一般的な転職サイトからエンジニア求人に応募して内定を得ようとすると、周りには経験者のライバルがいますから当然競争率は高くなります。

未経験可の求人もありますが、経験者が応募してくると当然採用の可能性は高まりますし、もし未経験採用されたとしても、ゼロイチで教育する必要がある人材を好条件で雇ってくれる企業はそうそうないと考えた方が良いでしょう。

プログラミングスクールを卒業し、転職・就職サポートを受ければ、すでにパイプがある提携先企業への就職も決まりやすいですし、自分が学んだことを活かセル環境に雇用される可能性が高いです。

プログラミングスキルを身につけて、就職先を探す方がスタート地点が圧倒的に有利なのがわかったと思います。

企業の採用ハードルが低い

転職。就職支援制度を使って雇用される企業は、もともと未経験者を採用するつもりの企業が多いです。

プログラミングスクール出身者を雇用する契約をしているので、実務経験は問わない場合が多いんですね。

提携している企業になら割とすんなり採用されます。

これが、一般の転職エージェントを利用しての就職活動となると、そう簡単には行かず、なかなか採用してもらえない可能性があります。

独学での知識があっても、プログラミングスクール卒業者と比べると信頼度も劣ってしまうでしょう。

全額返金保証制度があるスクールも!

プログラミングスクールによっては転職・就職できなければ全額返金保証制度を取っているところもあります。

数十万を支払って勉強したのに結局なんの役にも立たなかったなんて悲しいエピソードを作ってしまう前に、このような全額返金保証を行なっているスクールを検討してみましょう。

また、提携先に転職・就職が決まれば全額返金を多なっているプログラミングスクールもあるので、挑戦しない手はないと思いますね。

無料プログラミングスクールについての記事はこちら

無料プログラミングスクールには闇があるとか言うけど本当!?調べて解説!!

2019年2月23日

転職・就職支援付きプログラミングスクールの仕組み

転職・就職支援制度があるプログラミングスクールの仕組みについて解説します。

SES契約(システム・エンジニアリング・サービス)というシステムがほぼほぼ適用されていまして、プログラミングスクーと企業が提携して受講生の転職・就職斡旋を行なっています。

企業が、講座の料金や運営費などをプログラミングスクールに支払う代わりに、プログラミングスクールは受講生には無料で講座を提供できるので、対価として受講生を企業に紹介して就職を斡旋するという仕組みなんですよね。

エンジニアは慢性的に人材不足だと言われているので、より多くの人材に来てもらうためにもこういった制度がエンジニア業界を支えているんですね。

人材紹介会社や転職エージェントと提携しているスクールもある

人材紹介会社や転職エージェントと提携を結んでいるスクールもあります。

転職サポート企業が持っている求人掲載企業の情報を元にエージェントが最適な求人を提案してくれます。

ポイントは「提携している」というところ、単独で転職エージェントを利用する場合と違って、クローズドなエンジニア求人などを案内してもらえる可能性が高いです。

自分希望に合う企業が見つかればスムーズに転職・就職活動ができるでしょう。

転職就職支援に強いプログラミングスクールランキング7選!

1.Code Camp

CodeCampはオンライン完結型のプログラミング学習サービスです。

初心者が仕事や学業と両立しながら、最も効率よく学べる環境を提供することをミッションとしています。

業界トップクラスの現役講師陣からプログラミングを学ぶことができ、満足度は94.6%

学べる言語:HTML/CSS/Java Script/Swift/Android/PHP/Ruby on Rails/Java/Photoshop/Illustrator

料金プランの例:2ヶ月プラン=¥148,000 4ヶ月プラン=¥248,000 6ヶ月プラン=¥298,000

365日、7:00〜23:40までの授業をいつでも受講できるマンツーマンのスクールです。

2.ポテパンキャンプ

WEBエンジニアの育成に特化したプログラミングスクールが「ポテパンキャンプ」

卒業生の多くがWebエンジニアに転職成功している実績豊富なプログラミングスクールで、優秀なレビュアー陣と実践的なカリキュラムで、現場で求められる開発スキルを身につけることが可能です。 

20代の転職意欲のある方なら、選抜コースに申し込むことができて、転職に成功したら10万円がキャッシュバックされます。

前途とやる気がある若者はぜひチャレンジしてみると良いと思いますよ!

学べる言語:HTML,CSS,JavaScript,Ruby,Ruby on Rails,Git,SQL,コマンドラインなど。

料金例:¥100,000(3ヶ月キャリアコース)

ポテパンキャンプは自社開発案件をもつ企業への転職支援を行なっているのが魅力の一つで、非常に高いクオリティのカリキュラムを提供しています。

3.Tech camp

TECH::CAMPはテクノロジーが主役の時代に成果の出せる人材を育成することを目的としています。

これからの時代に不可欠なスキルを最高の学習環境で学ぶことができます、必ずしもエンジニアに就職を希望しないという方も汎用的な知識を身に着けることができます。

オンライン、オフライン両方で学ぶことができるのですが、教室があることがメリットなので、通える範囲に教室がある方はオススメですね。

最短1週間の超短期ブートキャンプなどもあります。

学べる言語:HTML/CSS/Ruby on Rails/JavaScript/C#/Unity/Illustrator/Photoshop/Python/AI/iOSなど

教室がある地域:関東(渋谷,新宿,池袋,東京駅前,御茶ノ水,早稲田), 中部(名古屋), 近畿(梅田)

料金例: 入会148,000円 + 14,800円/月 

友人割引などもあるようです。(5%引き、Amazonギフト券プレゼントなど)

4.DMM WEB CAMP

DMM WEBCAMP(ディーエムエム ウェブキャンプ)は、未経験や初心者の方でも3ヶ月という短期間で、高いエンジニアスキルを身に付けることができる業界初の転職・就職保証型プログラミングスクールです。

受講完了後、3ヶ月以内に転職・就職できない場合は全額返金制度を採用しています!

実務に最も近い実践的なカリキュラムで、チーム開発やオリジナルサービスの制作を行います。

転職・就職後すぐに現場で活躍できる技術が⾝に付くので、本気でエンジニアになりたい方はDMM WEB CAMPで集中学習するのがいいかもしれませんね!

学べる言語:HTML/CSS/Ruby/Ruby on Rails/(転職保証コースはカウンセリングののち、他のスキル習得の可能性もあり)

料金例:¥498,000(3ヶ月コース一括)、分割払いは¥23,220〜

友人割引でAmazonギフト券¥10,000がもらえるようです。

Team LabやCoin Check、A-TEAMやCrowdWorksなどの大手に紹介実績があるようですね。

5.TECH:EXPERT

TECH::EXPERTは「未経験から技術で稼げるプロフェッショナル人材へ」を合言葉に、プログラミング経験ゼロの方も理想のエンジニア転職を実現するためのカリキュラムを設けています。

転職成功率は驚異の98.5%で、転職できなければ全額返金対応してくれます!

2019年3月からはデザイナークラスも開講し、より幅広い学習ニーズに応える体制を整えています。

オンライン・オフラインどちらも対応しているところも魅力で、短期集中や週末スタイルなど自分の都合に良い形でレッスンを受けることができます。

学べる言語:HTML/CSS/Ruby on Rails/その他カウンセリングによって様々

料金例:¥498,000(月々¥24,000〜)

フリーランスコースでは案件獲得までコミットしてくれるので、案件が獲得できなけrば全額返金保障があるようです。

エンジニアになって就職したい人、副業でプログラミングをやって収入を伸ばしたい人、どちらの願いも叶うプログラミングスクールですね!

6.Tech Boost

TECH BOOSTは、エンジニアに特化したキャリアサービスを展開しているBranding Engineerが運営するプログラミングスクールです。

キャリア形成を意識した無駄のないカリキュラムや、経験豊富なメンターによるメンタリングで、エンジニアとしてのキャリア形成サポートに強みがあります。

ブロックチェーン、AI、IoTなど最新技術に触れることのできるコースもあり、トレンドの技術に触れることでエンジニアとしての選択肢を増やします。

最短3ヶ月で学習が可能。

学べる言語:HTML / CSS / Ruby / Ruby on Rails / Git / PHP / Laravel/ブロックチェーン/IoT/AIなど

料金例:¥100,000

紹介割引や友達割引があり、長期割と併用すると最大35%オフになるのもお得です。

7.DIVE IN TO CODE

本気でエンジニアを目指すためのプログラミングスクールと銘打って、オンライン・オフラインの両方で講義を提供しているのがDIVE IN TO CODE。

就職サポートも行なっており、Money forwordや楽天など大手への就職実績もあり。

仲間とともに学ぶことを重視しており、同期とのディスカッションによって理解や成長を促し、考える力をつけることを狙いとしています。

卒業生は半永久的にオンライン上のテキスト閲覧や校舎の利用、DEMODAY等のイベント参加などができます。

学べる言語:HTML/CSS/JavaScript/Ruby on Rails/SQL/Pythonなど

料金例:¥498,000+入学金¥100,000

新規事業創造プログラムもあり、卒業後も事業化のコンサルティングや質問サポートを半年間行なってくれます。

自分の力で新しいサービスを創り出し、ビジネスを興したいという方におすすめですね。

転職・就職を成功させるプログラミングスクールの選び方

オンライン完結のCodeCamp、自社開発企業への就職斡旋のみのポテパンキャンプ、転職・就職できなければ全額返金保証のDMM WEB CAMPあたりがオススメですね。

ただし、合う合わないは個人差があるので、まずは各プログラミングスクールの無料体験を受けて見るのが良いと思います。

どんな学び方をしてどのようなエンジニアを目指せばいいかなどを無料でカウンセリングしてくれるプログラミングスクールもあるので、ぜひ利用してみましょう。

プログラミングスクール選びは、エンジニアを目指す場合、その後の就職先やキャリア構築に大きく影響するので、実際に使ったり相談をしたりして、失敗のないように選んでいきましょう。

プログラミングスクールからエンジニアとしてのキャリアチェンジに成功した方は、プログラミングスクール選びがとても大事だと主張される方がほとんどです。

まとめ

未経験からでもプログラミングスクール経由で転職・就職できる可能性がとても高いことがわかりましたね!

今後IT人材はさらなる人材不足が懸念されていますので、売り手市場な業界で理想のキャリアアップを実現させましょう。

しっかりと転職・就職支援制度のあるプログラミングスクールで学んで、右肩上がりの収入を手に入れましょう。

本当になれるかな、なんて迷っている方は少しでもプログラミングに触れてみた方が理解も早いと思うので、今回紹介した優良なプログラミングスクールで、プログラミングを体験してみてくださいね。

それではまた。

プログラミングスクール関連記事はこちら!

プログラミングスクールのおすすめ10選比較!体験利用で自分に合う教室を選ぼう!

2019年2月20日

ABOUTこの記事をかいた人

∞SOZO代表/「世界に一人の自分を生きよう!」 /宮崎に移住したパパサーファー/ブログ2年目/Webマーケター/起業家/こゆ財団塾講師/Showtalk AD/バカ×オトナSEO担当/店舗向けホームページ制作はじめました。/好きな食べ物は炭火焼とビールです。