プログラミング初心者が仕事に就きエンジニアになる為の方法を解説!

「プログラミング初心者でも働ける仕事場ってあるのかな?未経験からでも雇用して育成してくれる企業があればチャレンジしてみたいんだけど」

 

 

最近エンジニアになりたいという人が急増していますね。

この記事の内容

・プログラミング初心者から仕事に就くなら転職エージェントに登録しよう

・プログラミング初心者はまず体験して理解することが大切

・エンジニア就職して活躍する未来をイメージしよう

この記事を読めば、プログラミング初心者でも仕事ができる場所が分かり、どのような手順でエンジニアになる活動をすればいいかイメージできるでしょう。

ボクは、勤めているIT企業で、転職支援サービスのチャットオペレーションのディレクターをしています。

転職サイトの求人には、研修制度がある未経験可のエンジニア求人が結構あります。

自分でもWEB制作案件を受注しているので、エンジニア業界の人員事情なども把握しています。

この記事は3分くらいで読み終わります。

3分後には、プログラミング初心者がどのようにエンジニアとして仕事をに就けばいいかが分かるでしょう。

プログラミング初心者から仕事に就くなら転職エージェントに登録しよう

プログラミング初心者が仕事に就くなら、転職エージェントに登録して、未経験可のエンジニア求人に応募するのが良いでしょう。

転職エージェントには、キャリアアドバイザーといわれるエージェントがいて、登録した職歴や希望を元に求人を提案してくれます。

また、面談や書類作成のアドバイスもくれるので、未経験からのエンジニア就職に関しての効果的な対策ができます。

例えば「マイナビエージェント」でエンジニアの未経験可求人を探してみたところ、「アールピーシー」という企業はインフラエンジニア募集で、未経験者はしっかり社内研修をするようでした。

年収は最高500万円、住宅手当や残業手当も出て、完全週休二日制という事なので割と良い条件かなと思います。

インフラエンジニアだけではなくWebエンジニアやアプリ開発の求人なども結構あるので、求人を一度みてみるといいですよ。

とはいえ、エンジニアとして企業に就職してしまうと、長時間労働になってしまったり、ベンチャーでブラックな働き方をさせられないかといった不安もあるでしょう。

そういった場合は、事前に企業研究をちゃんと行い、ネット上の口コミや、面接の時の企業の雰囲気、面接官の態度など総合的に判断して入社を決めていけば、入ってから「思ってたのと全然違った。」なんていう事態も回避できます。

重要な点は、条件の確認などしっかり行なって、質問で不明点をつぶしておけば、理想の環境で仕事をする確率が高まるでしょう。

場数を踏んで、確かな判断力をやしなう意味でも、転職エージェントに登録してから、気になるエンジニア求人に応募して、企業に直接足を運んでみることが、プログラミング初心者がエンジニアになる近道です。

プログラミング初心者はまず体験して理解することが大切

エンジニアになりたいと思ってもイメージ先行で具体的にどんなことをするのかわかっていないと失敗の素です。

エンジニア就職で絶対間違いない!という確信まで行っていないなら、まずはプログラミングスクールでプログラミングを体験してみる方が確実です。

プログラミングスクールでは無料で講義を受講できて就職までサポートしてくれる神様のようなサービスもありますw

これは他の記事でも解説していますが、プログラミングスクールが受講生を企業に紹介することで、企業側から紹介料をもらっているので、受講生は無料でプログラミングを学べるシステムです。

エンジニアになりたい方は、上記のようなサービスを利用して無料で技術を習得できます。

ただし、まだ全然プログラミングというものを体験したことがなくて、まずはイメージだけでもという方は、プログラミングスクールの無料体験で実際にやってみて、面白い、出来そうかもと思うかを確かめてみましょう。

無料体験できるプログラミングスクール

1.オンラインプログラミングNo.1のCodeCamp (現役エンジニアの個別指導が人気)

2.初めてプログラミングを学ぶなら「tech boostオンライン」 (充実した就職サポートに定評あり)

3.【TECH::CAMP(エンジニアスクール)】 (オンライン・オフラインどちらでも対応)

エンジニア就職して活躍する未来をイメージしよう

研修制度がある企業でプログラミングを学び、技術を身につければ、キャリアアップやフリーランスへの道もあります。

1~2年間で集中してスキルを身に着けてしまえば、割と自由なキャリア選択が出来ますよ。

フリーランスになれば月給50万円から100万円という収入はそんなに珍しくはなく、時間も割と自由に過ごせて理想的な生活が出来るかもしれません。

今回のまとめ

プログラミング初心者がエンジニアとして仕事に就くには、転職エージェントの力を借りて、未経験可の求人に的を絞りましょう。

首都圏の方は無料でプログラミングを学べて就職斡旋までしてくれるサービスを利用すれば、費用なしでエンジニアへの道が開けます。

まずはプログラミングに触れてみて、手を動かしてみれば何かしら勘所がつかめると思うので、体験することから初めてみて下さい。

就職に強いプログラミングスクールの記事もあります

社会人向けのプログラミングスクール6選まとめ!忙しい中でもスキル習得はできる!

2019年4月18日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

∞SOZO代表/「人の役に立つ生き方をしよう。」 /宮崎に移住したパパサーファー/ブログ2年目/Webマーケター/セールスライター/コンサルタント/こゆ未来教育研究所講師/Showtalk AD/バカ×オトナSEO担当/店舗・企業向けホームページ制作はじめました。/好きな食べ物は炭火焼とビールです。